清水富美加、ASKAの告白本発売でとばっちりを食らったロンブー淳!!「よりによって…強過ぎる… 」売り上げに影響は?

清水富美加、ASKAの告白本発売で、ロンブー淳がとばっちり

thumb-12223-149372-entame


出家と芸能界引退騒動の渦中に、人気女優の清水富美加が17日、法名の「千眼美子」名義で告白本「全部、言っちゃうね。」(幸福の科学出版)を発売し、大きな波紋が広がっている。

だが、この本の発売で思わぬとばっちりを受けてしまった人物がいる。
それは、お笑いコンビ・ロンドンブーツ1号2号の田村淳だ。


実は、淳も17日に著書「人間失格」(集英社)を発売することになっていたのである。
まさかにブッキングを、淳はツイッターで


と投稿。

しかも清水以外にも、執行猶予中の昨年11月に覚醒剤使用の疑いで逮捕され、その後釈放された歌手・ASKAも同じ日に告白本「700番 第二巻 第三巻」(扶桑社)を発売していたというから驚くほかない。

出版社の編集者は、

「書籍発売は通常、かなり前から打ち合わせが行われ、綿密に詳細が決められていく。やはり出版社側も著者側も本を売りたいわけですから、特に発売日は慎重に決定する。競合をなるべく避けたいですから」

と話す。

清水の告白本は、かなりタイトなスケジュールで出版されたらしく、2月11日から数回に分けて清水にインタビューを行い、内容を編集。
そして本が出来上がって、発売に至ったとされる。

「淳さんの本は前々から企画されていたので当然、淳さんはモロに影響を受けている。ただ、ASKAさんも影響を受けている。本来ならば、ASKAさんの本が大々的にワイドショーなどで取り上げられる可能性が高かったが、清水さんの告白本が出版されると、その話題ばかりですからね」(芸能記者)



せっかく自身の本が出版されるというのに、あまりにも不運な船出となった淳。
だが、直近のツイッターではこんなことをつぶやいている。



人気芸人とあってか、ブッキングによって本の売り上げが落ちるということはなかったようだ。