菊地亜美、清水富美加の「出家騒動」に言及して大炎上!会見が怒号飛ぶ“修羅場”に

菊地亜美
菊地亜美、清水富美加の「出家騒動」に言及して大炎上!

C4hqh6NVMAAXkvd
出典:Twitter


タレントの菊地亜美が2月16日、都内で行われたダイエットサポーター「VアップシェイパーEMS」の商品お披露目会に登場。
菊地は、宗教団体「幸福の科学」への出家を宣言した女優の清水富美加と同じ、レプロエンタテインメントに所属している。

出家騒動後、教団側が会見で清水がレプロへの不信感を抱いていることなどを語ると、菊地も自身のTwitterで思いをつぶやいた。
だが、このツイートがきっかけで大炎上する事態となってしまった。





と、事務所を擁護するつぶやきをした菊地。
このツイートがされるや、「便乗するな!」「このツイートしたらいくらあげると言われたの?」など大炎上する結果に。

デリケートな話題でもあるため、この会見にも多くのマスコミが取材に訪れたというが、会見前に主催側から「清水富美加さんに関する質問は、TBSからの1問だけにしてください」という質問者まで限定する異例のアナウンスがされ、現場が混乱したという。

「主催側は、事前に各局の代表者に“清水富美加に関する質問は、最後に1問だけ認める”という説明をしていたのですが、なぜかアナウンスでは、『TBSからの1問のみ』と一方的に質問者を指名。他局からは『なぜTBSなのか』とブーイングが飛び、TBSの人間も『そんなことは聞いていなかった』と困惑し、『どういうことだ!?』と怒号が飛び交う事態になってしまいました」(ワイドショースタッフ)


これは菊地のツイートとは関係のないところで発生したハプニングなのだが、「殺伐とした雰囲気の中で会見はスタートした」(同)というから菊地も居心地が悪かっただろう。

「結局、TBSではない記者から、清水についてコメントを求められた菊地は『10代の頃から一緒に仕事をしていたのでびっくりしましたし、ショックでした。相談もなかった』と神妙な面持ちで話しました。Twitterでは事務所を擁護する発言をしていたのに、今回はそういった発言はせず、当たり障りのないコメントに終始し、その後は、関係者が記者の質問を制止。『レプロが奴隷契約と言われているが、実際に働いていてどうか』という質問にも答えませんでした。怒号騒ぎの後だけに、報道陣の間には『Twitterでは強気に発言するのに……』と、しらけムードが漂っていましたね」(同)



Twitterユーザーからも反感を買い、マスコミの評価も下げてしまった菊地。
とんだ災難が降り掛かってしまったようだ。
菊地亜美