清水富美加「給料5万円」に対し、和田アキ子が「私は3万円だった。どんなに辛かったか」発言が物議

清水富美加「給料5万円」に対し、和田アキ子「私は3万円だった」

hqdefault


2月19日、歌手の和田アキ子が司会をつとめるTB系S「アッコにおまかせ!」が放送された。

番組では、2月12日に突如として芸能界を引退し、宗教団体「幸福の科学」に出家、17日に告白本「全部、言っちゃうね。」を出版した女優の清水富美加についてトークが行われた。

清水の本を読んだという和田は、信仰の自由があることから「意外にどこの局もモゴモゴしちゃってんだよね」と語る。
そして、清水さんが不満を抱いていた給料について話題が移ったのだが、その時の和田の発言が物議をかもしている。


告白本では、

2014年の途中までは月5万円だったと思います。(中略)(2016年には)年収1千万円は確かにいただいてましたが(以下略)

と、給料事情を打ち明けた清水。

番組で本の内容が紹介されるや、和田は

「しかし(清水さんの年齢は)22でしょ? 22で1千万て今普通のOLでいないですよ? ホントに。スゴイじゃないですか」
「5万円!? 私なんかデビューしたとき3万円の中で、『世界に君は出ていくんだ』って(言われて)タダだと思ったら1万8千円の下宿代を引かれたんだよ? どんなに辛かったか、ホンマに」

と、自身の過去を振り返ってスタジオの笑いを取った。

このギャラの問題については、俳優の坂上忍もフジテレビ系「バイキング」に出演した際、

(若手の)ギャラなんて微々たるもの(中略)僕らの若い時もそうでした。


と、決して高いものではなかったことを話している。
このことも紹介されると、和田は「そうだよね。最初はみんなそんなもんでしょ」と頷いた。

しかし、和田がレコードデビューしたのは1968年であり、その時代の大卒初任給はおよそ3万円だったようだ。
清水は大卒初任給がおよそ20万円の状況下での5万円であるということから、今回の和田の発言に対してネット上では「時代が違う」と指摘する声も多数あがっている。