まる子がブチ切れてクラスメイトに殴りかかる!大炎上した『ちびまる子ちゃん』第1090話の前田さんのクズ過ぎる行動とは?

まる子がブチ切れてクラスメイトに殴りかかる!

ff1479db


フジテレビ系の人気アニメ『ちびまる子ちゃん』は、現在「連載30周年記念! さくらももこ脚本まつり」を開催中。
それに伴い、2月19日に放送された第1090話「『お母さんの給食袋』の巻」も原作者・さくらももこ氏が脚本を担当した。

普段、ほのぼのとしたエピソードが多いちびまる子ちゃんの中で、今話は「胸糞悪い」「自分もキレそう」と、視聴者から大炎上の回だったという。
一体、何があったというのか?



ある日、まる子はお母さん(すみれ)に鳥の絵を刺繍してもらった可愛らしい給食袋を持って学校に行く。まる子と大の仲良しのたまちゃんやとし子ちゃんはそれを見てとっても羨ましがる。

 2人がほめてくれたと聞き喜んだお母さんは、まる子、たまちゃん、とし子ちゃんのお揃いの給食袋を作ってくれることになった。学校では3人が話し合って図案を考え、お花の模様と動物の顔を組み合わせたデザインの刺繍をしてもらうことにした。種類はみんながバラバラで、まる子がクマ、たまちゃんがウサギ、とし子ちゃんがネコに決定。

 と、そこへ前田さんがやってきた。「いいな~。私も仲間に入れてよ」と自分もお揃いの給食袋が欲しいと言い出す。とし子ちゃんが「そんな、急に無理だよ」、たまちゃんが「おばさんに聞いてみなきゃわかんないよ」とまる子をフォローするのだが、前田さんは逆ギレ気味で「そんなのさくらさんが頼んでくれればいいだけじゃん」「私のは頼めないっていうの?」「私はパンダにしてよ」「ちゃんと作ってもらってよ」と、言いたいことだけ言ってその場を後にするのだった。そのあまりの図々しさに、「もう胸糞悪いんだけど」「何様だよこいつ」とネット上は早くも盛り上がる。

 帰宅後まる子は前田さんの分を追加できるかとお母さんに相談すると、「一枚ぐらい増えても別に大して変わらないよ」と快く了承。しかもさっそく刺繍にとりかかり、今夜中に作ってくれるというのだ。喜びながらも「無理しないでね」とお母さんを気遣うまる子。

 その後、帰宅したお姉ちゃん(さきこ)はお母さんが刺繍をしているのを見て、前田さんの分まで作ることに疑問を感じたお姉ちゃん。まる子に「あんたそんなに前田さんと仲良かったっけ?」と訊ねると、まる子は「成り行きで仕方がなかったんだ」と返す。「成り行きで増やしちゃお母さんが大変でしょ」とお姉ちゃんもお母さんのことを心配する。

 次の日、お母さんが夜中に頑張って作ってくれた給食袋を持って、ウキウキ気分でまる子は学校に向かった。「私、ホントはお母さんの給食袋が少し自慢なんだ」「自慢なんてしないけどホントは自慢なんだ」と心の中でお母さんを誇らしく思うまる子。だがネットでは「これはフラグ」「ヤバイ予感しかしない……」と、その後の展開に不安を感じる声が続出。

 学校に着いたまる子はさっそくたまちゃんととし子ちゃんに給食袋が出来上がったと報告。すぐに作ってくれたことに対し、2人は「おばさん大変だったね」と気遣う。だが前田さんは「話はいいから早く見せてよ」と相変わらずの態度。一瞬空気は悪くなるが、とりあえず気を取り直して、3人にお母さんが作ってくれた自慢の給食袋を渡していくまる子。

 たまちゃんととしこちゃんは「わあーカワイイ、カワイイ」と大喜び。ところが、前田さんは「思ったより可愛くないね」「このパンダあんまり可愛くないよ」「さくらさんのクマの方が可愛いからそっちと交換してよ」と言い出したのだ。この図々しさにまず怒ったのがたまちゃんととしこちゃんだ。「駄目だよ! これはまるちゃんのなんだから」「自分でパンダがいいって言ったでしょ」と、普段はとても温厚な2人もこの時は前田さんを責める。

 しかし前田さんは気にせず「うるさいねえ。さくらさんはまた作ってもらえばいいんだから私にクマの方をちょうだいよ」とねじ込むと、まる子がついに激怒! 前田さんからパンダの給食袋をとりあげ「あんたなんかにどっちもやるもんか!」「お母さんがせっかく夜遅くまで一生懸命作ってくれたのに」「絶対あげないから! バカ!」と言い放ったのだ。すると前田さんも「よくもバカなんて言ったね!」と激怒し、まる子と取っ組み合いの喧嘩を始めてしまったのだ。

 もちろんネットでは前田さんに非難が集中。「ぶん殴っちまえまる子!」「まる子はこいつをボコボコにして良い権利がある」「まる子正論! 前田さんクズ過ぎる!」とまる子を支持する。喧嘩は途中で大野君と杉山君が止めに入ってくれたのだが、2人は怒りが収まる様子がない。

 放課後、大野君たちに事情を説明すると、大野君もまる子に同情してくれた。ちなみに大野君が喧嘩の仲裁をした際に、まる子に対し「あんまり派手にやるなよ」と優しく語りかけたのだが、この言葉に多くの女性市長者を胸キュンさせていた模様。“前田さんがクズ”よりも“大野君がイケメン過ぎる”と、心が別の方向に進んでいく視聴者も。

 帰宅後、まる子はお母さんに今日の出来事を説明すると、「まる子がパンダにしてもよかったんじゃないの?」「喧嘩なんてしないでほしいわ」と優しく諭す。しかし、今回ばかりはお姉ちゃんもまる子を支持して「まる子は悪くないよ」「私だって喧嘩するよ」というのだった。お母さんは娘たちが自分を庇ってくれているのを見て目に涙をためる。

 そんな中、なんと前田さんが祖母に連れられてさくら家にやってきた。前田さんはまる子のお母さんの目の前で号泣しながら「ごめんなさい、せっかく私のために作ってくれたのに…」「私がパンダちゃんが良いって自分で言ったのに…、パンダちゃんのも好きだったのに」
「わがまま言って意地張ってさくらさんを怒らせちゃって…」と反省の言葉を述べるのだった。前田さんの祖母も一緒になってお母さんに謝る。すると、まる子がパンダの給食袋を持ってきて「大事にしてね」と前田さんに渡し、一件落着するのであった。

 前田さんのクズっぷりが目立つエピソードだったが、前田さんは素直に反省し、家族も一緒に謝罪(前田さんはおばあちゃん子)と最後はほっこり。他にも母親を一番に想うまる子とさきこ、友達のために怒るたまちゃんととし子ちゃん、相変わらずのイケメンの大野君と杉山君など見どころがたっぷりな、まさしく“神回”であった、かも。