KANA-BOON飯田が清水富美加との不倫を謝罪 バンド活動自粛の可能性も

清水
KANA-BOON飯田、不倫でバンド活動自粛の可能性も

76ced9b412e0


宗教団体「幸福の科学」に出家した女優・清水富美加(22)が、ロックバンド・
#05 KANA-BOON
(カナブーン)のベーシストをつとめる飯田(めしだ)祐馬(26)と不倫していたことが21日、分かった。

飯田はこの日、報道各社へのファクスで清水との過去の不倫関係を認め、謝罪。
ふたりが破局した2016年1月は、くしくもロックバンド・ゲスの極み乙女。のボーカルである川谷絵音(28)とタレントのベッキー(32)の不倫が発覚した時期だった。

そして、現在KANA-BOONのファンが最も心配し、危惧しているのはバンドの活動自粛についてだ。


飯田は謝罪文で、

「既婚の身であることを隠し、清水富美加さんと交際をしておりました」

と告白。

謝罪文によると、飯田は2014年4月に一般女性と結婚していた。
だが、それを隠してテレビ共演を機に親密になった清水と2015年6月から交際。
同年9月には既婚の事実を打ち明けて謝罪したが、「妻との離婚をほのめかしつつ、16年1月まで」不倫関係を続けていたとのこと。

飯田は、

「清水さんや妻を傷付けてしまったのは事実であり、その事実に誠意を持って向き合い、深く反省しております」


とし、既に妻と妻の両親にも謝罪し、夫婦間での話し合いも済んでいるという。

清水は法名の”千眼美子”名義で出版した告白本「全部、言っちゃうね。」の中で「悩みの種だった好きな人も忘れました」と綴っており、飯田との不倫によるとみられる傷心を打ち明けて注目が集まっていた。

実は破局後、ふたりは音楽番組で共演する予定もあったのだ。
清水が司会を務めるも、出演をキャンセルした12日放送のNHK総合「シブヤノオト」にはKANA-BOONが生出演した。

KANA-BOONの所属事務所は今後の活動について、3月1日予定の新曲「Fighter」の発売も含めて「協議中」と説明している。
謹慎などの処分も「色んな反応を考慮して考えます」と否定していない。

同7日には清水が司会を降板したイベント「スペースシャワーミュージックアワード」への出演が決まっていたが、こちらも不透明な状態であり、楽曲をキャンペーンに使用している日本赤十字社は「対応を協議してます」と返答した。
清水