西内まりや『突然ですが、明日結婚します』の次回予告が「あり得ない」と波紋!!正直言って、好感度の高い女優ではない?

1280x720-OeU-1
西内まりや『明日婚』の次回予告が「あり得ない」!!

1280x720-OeU-1


2月27日に放送された、西内まりや主演のフジテレビ系月9ドラマ『突然ですが、明日結婚します』の第6話が、月9史上初の5%台となる平均視聴率5.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録。
3週連続で、月9単話最低視聴率を更新したことが分かった。

同ドラマは、結婚願望の強い高梨あすか(西内まりや)と、絶対に結婚したくない派のイケメンアナウンサー・名波竜(flumpool・山村隆太)が恋に落ちるラブストーリー。
第6話では、同棲を始めたあすかと名波の前にあすかの家族が登場。
「女子3人で暮らす」と嘘をついていたあすかは、同棲がバレないように工作する……といった内容だった。

しかし、視聴者の心が今ひとつ掴めない理由があるようだ。



「第6話では、あすかと名波が、喧嘩後に仲直りのキスをするといった胸キュンシーンがありました。しかし視聴者からは、『最初から見てるけど、お互いどこに惹かれたのかわからない』『本当にこの2人って、愛し合ってるの?』『胸キュンシーンだけを見せつけられても微妙』と、脚本へのツッコミの声が噴出。ラブストーリーの核となる、主人公と相手役の心理描写が雑すぎる点が、視聴率低下につながっているのでしょう」

と芸能ライターは話す。

恋愛ドラマを観ている側は、「自分もこんな恋愛がしたい」「ドラマだけど応援したくなるふたり」を求めているはずだ。

これまで、フジ月9の単話最低視聴率は、福山雅治主演の『ラヴソング』が記録した6.8%だった。
『明日婚』は、それを1.8ポイントも下回ってしまったことになるのだが、どうやら主演の西内にも問題があるとされている。

「視聴率低迷は、主演の西内にも原因があるでしょう。西内は以前から、モデルに歌手、女優とマルチに活動していますが、『全て中途半端』『ゴリ押しで売れてるふうに見せているだけ』と評されることが多く、また昨年4月の熊本地震の際には、『備えあれば憂いなし』といったコメントとともに、自撮り写真と非常持ち出し袋のイラストをTwitterに投稿し、『ノリが軽すぎて不謹慎』『こんなときまで自分をアピールなんて』とアンチが急増したこともありました。正直言って、好感度の高い女優ではないため、『西内のドラマが見たい!』という視聴者は多くないのでは。俳優初挑戦の山村に対しても、『滑舌が悪い』『何を言ってるかわからない』と演技力に対して辛らつな声が上がるばかりで、視聴率を下げる要因となっているようです」(同)


大爆死といわれた前クール放送の『カインとアベル』、前々クールの『好きな人がいること』ですら、全話平均視聴率は8%を超えていた。
だが、『明日婚』に至っては、第6話までの平均視聴率が、なんと6.9%という低さだ。

「ここ数年の視聴率低下により、“月9ブランド”は完全に崩壊しています。人気の俳優・女優が月9出演を拒んでおり、企画がなかなか定まらないといった報道が加熱し、『突然ですが、明日結婚します』は付け焼刃の作品であることが世間に浸透してしまったんです。そのため、放送前から視聴者の期待値がかなり低かったのも、月9史上初の5%台という大惨事を招いてしまったのでしょう」(同)



そして、視聴者に来週も「続きが観たい!」と思わせるために必要なのが次回予告だが、これも大スベリの予感だ。

来週放送される第7話では、「名波がスキャンダルによって海外左遷の危機」という展開が予告されており、「荒唐無稽すぎて、さらに視聴率下がりそう」との声も上がっている。
このまま挽回することもなく、最終回までどんどん数字を下げ続けていくのだろうか。
1280x720-OeU-1