清水富美加の父親「娘だけ批判されるのかわいそう」本人も、自分ばかりが悪いように報じられて衝撃を受けている

清水富美加の父親「娘だけ批判されるのかわいそう」

ふみカスって誰?どんなヒト?清水富美加がしゃべくり007で魅力爆発!5


宗教団体「幸福の科学」の活動に専念すると表明した、女優・清水富美加(22)の父親が1日、NHK「クローズアップ現代+」の取材にコメントで応じた。


父親は、所属事務所との契約解除など一連の報道について、

「自分ばかりが悪いように一方的に報じられていることに、強い衝撃を受けていました。ドクターストップがかかってしまったのが事実なのに、それがまったく考慮されない報道は、不公平ですし、一方的に娘だけが批判されるのは、本当にかわいそうだと思います」

と、文書でコメントを発表。

また番組でナレーションなどはされなかったが、文面によると、父親から見て清水が心身の状態を崩した時期についても記載。

「2010年頃から自傷行為がありました。特に激しくなったのは2015年頃からだったと思います」


などと綴られていた。

番組では清水の騒動を例に、芸能事務所とタレントの契約について特集が組まれた。
お笑いコンビ・爆笑問題らが所属する「タイタン」の太田光代社長らが出演した。