※ネタバレあり 『東京タラレバ娘』自己最低視聴率!田中圭が演じる不倫男に「クソ野郎」とネット大炎上

小雪
『東京タラレバ娘』自己最低視聴率
5f443f3300524db5ba3cc3b087c2d48b_content

3月1日放送の日本テレビ系『東京タラレバ娘』第7話の平均視聴率が、10.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と、前回の12.5%から2.0ポイント近くダウン。
第4話で記録した11.4%を下回り、初の10%台で自己ワーストを更新した。

同ドラマは、“タラレバ話”ばかりしていた30歳の脚本家・鎌田倫子(吉高由里子)と、独身仲間の山川香(榮倉奈々)、鳥居小雪(大島優子)が、イケメンモデル・KEY(坂口健太郎)と知り合って叱咤されたことを機に、現実と向き合って恋に仕事に奮闘するというストーリー。

倫子はドラマプロデューサー・早坂哲朗(鈴木亮平)との交際のチャンスを逃したことを後悔しつつ、KEYとも関係を持つように。
また、香は元カレのバンドマン・涼(平岡祐太)の“セカンドポジション”に収まり、小雪は妻帯者のサラリーマン・丸井良男(田中圭)と不倫関係に陥っていたのだが…。

なんと、第7話は視聴者が「クソ野郎!」と激ギレする展開になってしまったようだ。

※ネタバレも含まれているので閲覧注意


小雪