フジ・久代萌美アナが芸人から「ブスパン」といじられまくって涙目に…メンタルは崩壊寸前?

「ブスパン」といじられまくるフジ・久代萌美アナ

04358199da8e944e1140ebac3a33b8a3_17745


2月25日に放送された、フジテレビ系バラエティ番組「さんまのお笑い向上委員会」で、アシスタントを務める同局の久代萌美アナが芸人から暴言を浴びせられ、涙目になる場面があった。

その理由とは、何なのだろうか?


以前の放送でも好評だった、明石家さんまとお笑いコンビ・鬼越トマホークの金野博和がケンカ演技を披露した今回。
そこに仲裁に入った人物に対して金野がドギツイ一言を浴びせるというコントが数回行われ、藤崎マーケットのトキ、トレンディエンジェルの斎藤司、そして久代アナがその餌食となった。

ここで久代アナが金野に言われた暴言というのが、

「フジテレビにしてはあまり可愛くねーんだよ」

という、ハラスメントともとれるようなもの。

久代アナは最初こそ、口に手を当て笑っていたように見えた。だが、その表情をよくよく見るとあきらかに涙目。
それを察知した雛壇の芸人たちが、「おい、可愛いわ!」「そんなことないですよ」「一か八かで何て言うこと言うねん、お前!」と、必死に久代アナのサポートに回った。また、久代アナは

「最近“ブスパン”て言われるんですよ」

と、不名誉なあだ名までつけられている現状についても目をウルウルさせながら説明したのだ。

そもそも、どうして彼女は”ブスパン”などと呼ばれているのかというと………。

「“ブスパン”はとんねるずの石橋貴明が久代アナと初共演時に命名。それだけでも気の毒ですが、ここまで芸人たちにブス呼ばわりされるのはさすがにショックなのでしょう。あまりイジりが激しくなるようだと、視聴者の女性たちも気分を害しかねません」(エンタメ誌ライター)



お笑い芸人が自らをそう呼んでいるのならまだしも、涙目になるとはよほど傷ついている証拠ではないか。
BPOなどで問題になる前に、取りやめた方が良いあだ名である。