スマイリーキクチに「殺害予告」!!NHK生出演中止…過去にもネットでの誹謗中傷被害

photo
スマイリーキクチに「殺害予告」

photo


お笑いタレント・スマイリーキクチが、5日午後1時から生出演の予定だったNHK BSプレミアム「わたしの東京 わたしの大阪物語」をブログへの「殺害予告」を受け、中止した。
このことはキクチがブログ、ツイッターで明かしている。


出演を中止した「わたしの-」は、視聴者からの投稿写真をもとに作る「にっぽんプレミアム 再発見シリーズ」だ。
今回は「東京」と「大阪」が舞台であり、スマイリーはキャンペーンパーソナリティ東京代表という役割で同番組の“顔”だった。

キクチは番組終了後にツイッターを、午後10時すぎには「お詫び」と題してブログを更新。

「先週、ブログに殺害予告のコメントが投稿されたとスタッフさんから報告を受けました。本日放送された『わたしの東京 わたしの大阪物語』に出演する予定でしたが、生放送だった為、周囲への安全面を考慮した結果、出演を取りやめることになりました」

と説明した。

キクチは今回の番組のために、昨年から宣伝番組に出演。
足立区発のドラマに出演するなどしていただけに、

「生まれ育った街を盛り上げる番組にスタートから参加できて、本日の生放送がゴールという、とても大切な番組でした」


と無念の思いを伝え、これまで関わった全ての人に感謝と謝罪の気持ちを綴った。

キクチはネット上でのデマがもとで、10年以上にわたり1988年の女子高生コンクリート詰め事件の「殺人犯」などといわれなき誹謗中傷を受けてきた。
過去には警視庁は立件し、書き込みを特定できた人物のうち、執拗で悪質だった男女7人を書類送検した。

現在、キクチは自身の体験から、ネットの危険性、トラブル対処法、誹謗中傷について講演活動を行っている。

ネットでは、「気の毒すぎる」「なぜこんなにも狙われるの?」「最近、こういうの多いよね」など、心配の声があがっている。
photo