青木さやかの両親は毒親?”幼少期のエピソード”に同情集まる「青木さんを抱きしめて一緒に泣きたい」の声も…

maxresdefault
青木さやかの”幼少期のエピソード”に同情集まる

maxresdefault


3月5日放送のテレビ朝日系「あるある議事堂」に、お笑い芸人の青木さやかが出演。
彼女の幼少期のエピソードに同情の声があがっているという。



同番組では、前週から「親が教師と親が芸人のタレントあるある」を展開。
青木は小学校の校長と、副校長の親を持つ。
彼女は幼少期に友達の誕生日会に呼ばれると、持って行くプレゼントは「赤鉛筆1ダース」しか買ってもらえなかったことや、テレビはNHK以外見せてもらえなかったことなどを明かした。

さらに、今週はアラフォーになった今でもNHK以外の民放番組への出演や「貝殻水着の写真集」などは認めてもらえないという。
そして、2012年に離婚したダンサーとの結婚についても、

「相手を公務員にしておけばよかったのに」
「あなたも芸人でなく公務員になればよかったのに」

といったことを「普通に言われる」という。

この青木のトークを聞いて、あのドラマを思い出した視聴者は少なくないようだ。

「この親子関係に、3月3日に最終回を迎えた斉藤由貴と波瑠が母娘を演じたドラマ『お母さん、娘をやめていいですか?』(NHK)のようだと指摘する意見もあがっています。子どものことを考えているように見えて実は子どもを支配しようとする母親は“毒親”と呼ばれ、現在は社会問題になっています。青木の話にネット上では『青木さんを抱きしめて一緒に泣きたい』『自己肯定できない青木さんと私は一緒』といったシリアスな書き込みも少なくありません」(女性誌記者)



芸人としては、女らしくて豪快なイメージの強い青木。
女優としても幅広く活躍している彼女だが、「自分とは違う人間になりたい」との思いから素晴らしい演技を披露できるのかもしれない。
maxresdefault