GACKT、”元愛人”報道の真相を語る!!ダウンタウン・浜田の「やっちゃってんの?」の質問に…

56230cc2
GACKT、”元愛人”報道の真相を語る

56230cc2


3月2日放送の日本テレビ系『ダウンタウンDX』に、ミュージシャンのGACKT(43)が出演。

『週刊文春』(文藝春秋)での“元愛人”報道の真相を明かし、お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志(53)と浜田雅功(53)を驚かせる場面があった。


今回はテーマとして、“独占告白! プライベートカミングアウト!”というコーナーが設けられた。
これはゲストたちが週刊誌などで話題になっている問題について、テレビで初激白するという内容。

この中で、GACKTが『週刊文春』で報じられた「元愛人が側近社長と恋愛トラブル」という記事の話題になり、松本が「おかしいと思うんですよ、そもそもなんで“愛人”なのか?」と聞くと、GACKTも「(自分は)独身なんで」と、“元愛人”という表現に苦笑した。続けて、

「僕、この子知ってるんですよ。1年に1回ぐらいメールで連絡がきてたんですよ」

と打ち明け、昨年末に女性から「結婚詐欺に遭った」と連絡がきて、その女性が二股関係の恋愛トラブルにあったことを知らされたと明かした。

そしてGACKTは女性がつきあっていた相手が、自身のスタジオの管理会社の社長だったことを知った発言。
それを聞いた浜田が、「その女性は(GACKTと)どこまでの知り合いなの? やっちゃってんの?」と直球で質問をぶつけると、

「5、6年前に出会って、まあ、その、いい関係にはなってるんですよ」

と、GACKTはハッキリ答えた。
これには浜田も「それ聞けて、スッキリしたわ~」と笑った。

その後、GACKTは社長の口から女性と破局したことや、それが記事になることを聞かされた。
「スタジオ管理会社の社長が恋愛ごとで記事になるなんて、すごいねえ」と感心したのも束の間、実際の記事の主役はGACKTになってしまったのだ。
これについてGACKTは、

「(自分が)知らないところで(二人が)知り合って、知らないところで恋愛して、知らないところでダメになって……で、(記事には)僕だけ使われる」

と悔しそうに嘆いた。

これを受けて、お笑いコンビ・ウーマンラッシュアワーの中川パラダイス(35)が「パーラダーイス!」とちゃかすと、GACKTは「あいつ、ぶっ飛ばしていいですか?」と怒り、松本が爆笑しながら制止した。

スタジオは笑いに包まれたが、GACKTにとっては本当に心中穏やかでいられない出来事だった。
それは、過去のトラウマも関係しているのかもしれない。

「今回の件はGACKTにとって、まさにいい迷惑ですね。GACKTは以前、テレビ番組で20歳頃に結婚したものの、離婚したことを打ち明けていて、結婚は苦い思い出になっていると語っています。今回の騒動は自分と直接関係のない話ですが、騒がれてしまうのが芸能人のつらいところですね」(芸能誌記者


56230cc2