ドラマ『東京タラレバ娘』榮倉奈々の妊娠展開で思い出される、あの“月9”とは?

榮倉奈々
榮倉奈々の妊娠展開で思い出される、あの“月9”とは

東京タラレバ_-_Twitter検索


放送開始時は好評だったものの、段々と原作にない設定を盛り込んだために矛盾が生じてきた日本テレビ系のドラマ『東京タラレバ娘』。
8日に放送された第8話の平均視聴率は10.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、自己最低を更新。

今回は、榮倉奈々演じる香の妊娠騒ぎが放送されたのだが、それがアノ月9ドラマに展開が似ていると噂されているという。

※ネタバレを含んだ内容です。



前回、早川(鈴木亮平)と酔った勢いでキスをし、恋の予感に胸を躍らせる倫子(吉高由里子)ですが、さらに、久々の連ドラの脚本の仕事まで舞い込んできました。

倫子が制作会社の担当者と打ち合わせするシーンでは、不意打ちの井上晴美が登場! そうです、あの丸坊主ヌード写真集でおなじみの井上晴美ですよ。どうやら、地上波の連ドラ出演は、2008年放送の昼ドラ『ラブレター』(TBS系)以来のようです。

倫子は、途中、早坂からキスのことを謝られ、しょげる場面もあったものの、最後には早坂から「倫子さんと、一歩進みたい」と告られ、交際がスタート。「僕たちのペースで、ゆっくりやっていきませんか?」とのほほんと告げる早坂に、倫子は「ゆっくりなんてイヤです。早く次に進みましょう。私たち、ゆっくりなんてしてる時間、ないですから」と抱きつき、もうガンガンです。

この「ゆっくりなんてしてる時間ない」ですが、30歳過ぎた視聴者からすれば、「30歳ごときで、何を焦ってるんだ」って感じでしょうね。原作の33歳という設定から、3歳引き下げた弊害が、ここで地味に顔を出した印象です。

一方、バンドマンの涼(平岡祐太)の“セカンド女”をずるずる続けている香は、1カ月以上、生理が遅れていることに気付き、どんより。小雪(大島優子)がダッシュで妊娠検査薬を買ってくるも、「もし陽性で、涼ちゃんが少しでもイヤな顔したら、終わりだよね……」と、一向に箱を開けようとしません。

その後、涼が香のバッグに妊娠検査薬が入っていることを発見。すると涼は、「ちゃんとするよ。責任取るよ」と、まさかの“出産OK”。この反応を見たことで、香は妊娠検査薬を使うことを決心します。

しかし、検査しようとした瞬間に生理が。これを涼に告げると、「よかったー! マジ焦った」「よく考えたら、父親になる覚悟ないわ」と態度がガラリ。それでも涼に会いに行こうとする香を、たまたま居合わせたKEY(坂口健太郎)が「行くな」と引き止め、香は別れることに成功しました。

今回は、香里奈主演の月9『私が恋愛できない理由』(フジテレビ系)といろいろ被りすぎていて、モヤッとボールを投げ込んだ人も多かったはず。月9では、大島演じる派遣社員が、平岡演じる彼氏に会うたびにヤラれた挙げ句、生理が遅れて妊娠検査薬を購入。しかし、真子は「怖い」と言って一向に検査せず、「もう女なんてイヤです」と荒ぶった挙げ句、いざ検査したら陰性、という似たような展開だったんですよ。
それに、吉高や田中圭も出てたし、3人が女子会しまくりだったし……。そういえば、この頃の大島の演技、ほんとヘタクソだったな~。

それより、原作の香の名台詞「バンドマンはゴムをつけない」がカットされていましたが、これはドラマ版が生々しさを排除したさわやか路線を標榜しているという表れでよろしいでしょうか? 22時台の枠ですし、こういう直接的なセリフを残してもいいと思うのですが、もしや、バンドマンに配慮した? くわっ! もしかして、日テレ派の高視聴率バンド・TOKIOに配慮したとか!? 万が一そうなら、仕方ないですね……。


榮倉奈々