席を譲ったら「ふざけるな!」切なすぎる中学生の声『本音で困惑。人は難しい…』

席を譲ったら「ふざけるな!」切なすぎる中学生の声『本音で困惑。人は難しい…』
席を譲ったら「ふざけるな!」切なすぎる中学生の声『本音で困惑。人は難しい…』

朝日新聞に掲載された、切なすぎる心の声が話題になっています。

[email protected]ツイートしたことでした。

下校のためにバスに乗った男子中学生。
満席のなか、60代くらいの男性が乗車してきたので、「この席、良ければ座ってください」と声をかけるのですが…..

席を譲ったら「ふざけるな!」切なすぎる中学生の声『本音で困惑。人は難しい…』

理解を超えた言葉が返ってきて困惑する少年。

人助けは決して悪い事ではありません。
人は助け合いながら生きているのですから。
支え合いが必要なのが人間です。

たしかに、このような経験をしてしまうと今後は人助けがしづらくなるかもしれません…

最後の「本音で困惑。人は難しい。」の言葉は心に刺さります。
しかし、今後も負けずに親切を続けてくれることを切に願います。

席を譲ったら「ふざけるな!」切なすぎる中学生の声『本音で困惑。人は難しい…』