どこまでやるんだAmazon…遂にお坊さんまでポチして買える時代突入か?

bou-j

100万曲音楽聞き放題プライムミュージックを発表、
クリックから2時間以内に商品を届けるサービスも記憶に新しいインターネット商品販売サービス最大手、アマゾン。

そんなアマゾンがお坊さんを3万5000円で派遣しますと発表。

どういう訳か?

主に対象となるのが都内在住者になるだろう。



インターネットで葬儀の注文や僧侶の派遣を定額で受け付ける事業を展開するみんれび(東京都新宿区)は7日、一周忌などの法要の際に読経を行う僧侶の手配を3万5000円で受け付ける「お坊さん便」をアマゾンのサイト内で8日から行うと発表した。みんれびはこれまで自社サイト内で僧侶の手配を行っていたが、レビュー機能の充実したアマゾン内でも展開することで、受注件数の増加を図る考えだ。


出典:産経ニュース


という訳だが、地元であれば親戚でもう頼む僧侶は決まっているが都内となると新規開拓をしなくてはなくなる。
只でさえ心労のかかるお葬式という事だから3万5000円で決めてもらえるのだったらいいのではないか、と思う。

みんなの声










前向きな意見が多く目だつ。

ちょっと今後のレビューに注目したい(笑)