※画像あり もうそれにしか見えない!羽生結弦、紫の衣装が「アノお菓子」にしかみえないとお祭り状態に

%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%83%88%e3%82%99
羽生結弦の”紫の衣装”が………

c61d1ad228cd93ab2fb34c97a647bfcf_content


現在、羽生結弦選手が出場中の世界6か所で開催するグランプリシリーズの1つである「フィギュアスケートNHK杯」。
史上初となる4連覇を懸けたグランプリファイナル(12月フランス・マルセイユ)進出、そして大会2連覇を目指す羽生結弦選手は、男子ショートプログラム(SP)にてシーズンベストとなる103.89点を記録した。

羽生のほぼノーミスの演技がテレビで注目を集めたが、ネット上で話題となったのがこの時に着用していたコチラの衣装。
白銀の世界で輝く、きらびやかで美しい紫の衣装なのだが、一体どこが話題となったのだろうか?

ネット民の目線からするとアノお菓子に見えたようで……。





「ルマンド」

確かに、確かにあのお洒落なパッケージと羽生のきらびやかな衣装は似ているようにも見える。

このルマンドはサクサクした歯ざわりが美味しく、1974年に発売されたブルボン社のロングセラー商品。
アイスになったりと人気のお菓子だ。

他にも羽生がこれまでに着用した衣装がお菓子にしか見えなくなったのか、たくさんのコラージュが作られた。



そして、ルマンドに見えた選手は羽生だけではないようで………。



圧倒的な強さをみせつけ、真駒内セキスイハイムアイスアリーナに集まったおよそ6000人の観客を沸かした羽生。
今後の衣装も楽しみである。
%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%83%88%e3%82%99