毎年「最高の出来」なボジョレー、過去と今年のキャッチコピーは?

A wine bottle with a vineyard as background

A wine bottle with a vineyard as background




日本では昨日、11月19日(木)にボジョレーヌーボーが解禁されました。

ボジョレーの出来よりも毎年注目を集めるのは、その、キャッチコピーでもあります。

え?去年10年に一度の逸品って言ってたのに今年も最高!?
何だよ!!!!!矛盾してんじゃないか!!!と毎年その期待値が上がります。

過去のビックマウスなキャッチコピーを遡ってみましょう。

1983年「これまでで一番強くかつ攻撃的な味」
1985年「近年にない上物」
1995年「ここ数年で一番出来が良い」
1996年「10年に1度の逸品」
1997年「まろやかで濃厚。近年まれにみるワインの出来で過去10年間でトップクラス
1999年「1000年代最後の新酒ワインは近年にない出来」
2001年「ここ10年で最もいい出来栄え」
2003年「110年ぶりの当たり年」
2009年「過去最高と言われた05年に匹敵する50年に一度の出来」
2011年「100年に1度の出来とされた03年を超す21世紀最高の出来栄え」

出典:Wikipedia


2015年のキャッチコピーとは!?



「過去にグレートヴィンテージと言われた2009年を思い起こさせます」

はい、普通でした・・・。

ボジョレーワイン審査委員会の品質予想からは、
2015年「記憶に残る素晴らしい出来栄え」

実際今年のボジョレーを飲んでみた人達の感想は、
今年は美味しい!だそうです。

私も今晩呑んでみようと思います。