サザエさん「ノリスケ」の世渡り術とキャラクターに笑いが止まらないwww

nori-j
nori-j

国民的人気アニメと言えば「サザエさん」だろう。
これが日本の古き良き家族だ!と思うほど登場人物みな優しい。

その中で隠れブラックキャラであるのが「ノリスケ」である。
幼い頃見ていた自分にとってあまりいい印象でなかった彼は調べてみるとやっぱりクズであった。



まさに彼は優しいマスオさんという相手をわかってやっている。
確信犯なのだ。でも憎めないところが更に憎い所だ。

驚きの設定


何と彼、設定では25歳なのだ。こんな25歳居るだろうか?
しかも彼の卒業大学は「東大法学部」なのだ。信じられない。
ストレートで入って就職したとしても老けすぎてはいないか?
いや、昭和だから普通なのか?

まだ出てくる迷惑エピソード




古い傘を改造して傘お化けになってカツオとワカメを怖がらせる。

街の食堂で食事をしたあと、どんぶりの下に代金を隠しておいて「食い逃げ」を装って逃げ出す。

キノコ取りをしている女性を驚かそうと刑事(ノリスケ)と犯人(マスオ)に扮して「死体を埋めたな」「はぁ刑事さん」と答えたため、それを聞いた女性たちが驚いてマツタケを放り出して逃げてしまった。その日の夕食はマツタケご飯でみんな大喜びだったが、マスオは浮かない顔をしていた。デパートでアイスクリームを食べ終えた後、コーンをヘアピースに置き、鬼の角に見立てていた。


出典:NAVER サザエさん登場人物まとめ / Wikipedia


ってノリスケのイタズラ度が超えてるだろwwwwwww

ちゃっかりももっとある


磯野家でたびたび食事を摂ることがあり、特にすき焼きやお歳暮や近所からのおすそ分けでもらったメロンなどちょっとした贅沢な食べ物が食卓にあがる時は、毎回と言っていいほど。そういう時は勘が働くらしく、呼んでもないのにどこからともなく磯野家にやってきて「いやー今夜はすき焼きですか? うまそうだなー」などと言ってごちそうになる。

さらに、帰宅時にマスオや波平たちと駅で一緒になった時は、「いやー奇遇だなー、帰りにちょっと一杯どうです?」などと言って酒に誘う。その場合、自分から誘ったにもかかわらず、年上の波平からはもちろん、マスオにも「今日はちょっと持ち合わせなくて」など理由をつけておごってもらうことも多い。

波平や新入社員に借金を頼みこんだこともある。しかし、マスオから借金の返済を催促されると、とことんトボけてはぐらかそうとする。


出典:Wikipedia - サザエさんの登場人物


最低すぎるwwwwwwwwwwwwwww

ノリスケ感を上げる声優陣


歴代が仲代達矢、五木ひろし、布施博、

そして今が田中裕二だなんてはまり役過ぎる。そのまんまだ。

ノリスケから学ぶ世渡り術


nori-j2

図々しくする時は明るく朗らかに行こう!そうすれば君も呆られるはずだ!
だがそれで生きていくには頻度とタイミングを見極める必要が有るぞ!
nori-j