精神的に追い詰められるまでの職場いじめで学んだ「逃げてもいい」という事。

ignr-j
ignr-j

いじめは学校だけでもう終わり、ではないのです。そんな事するのは小学生だけ、いや違うのです。私の経験上、幸せな学校生活を送ってこなかったような人たちが、職場の上下関係を利用して「いじめ」という行為で自分の満たされない気持ちをごまかし、自尊心を保っているような気がします。

自己都合退職の裏に隠された「職場いじめ」




上司からのいじめはいつの時代も無くなりません。
 どんな大手企業でも中で働いているのは人間ですから、嫌な上司やいじめをしてくるサイコパスな上司がいてもおかしくはありません。

 心理学のアンケートではサイコパスほど出世しやすく、また経営者にサイコパスが多いと言われています。そして他人に共感出来ないサイコパス上司のいじめの対象になってしまうと、最悪の場合、鬱病まで追い込まれてしまいます。




実は自己都合退職と言って辞める人の大半が職場での人間関係、いじめが原因なのです。

自分に自信のない人がいじめの加害者となる




個人としての自分に自信がないから、ポジション・肩書・年齢などに過剰な価値を見いだし勘違いする、または職場以外に自分の場所がないので、職場における評価(立場)が自分自身と他人の関係や価値を位置づける唯一の基準だと勘違いをする人は、確かにいます。こういう人は、「僕は偉いんだ、だから気に食わないやつは排除だぁ~」という発想になるようです。これは「裸の自分に自信がない」ということの裏返しです。


加えて、こういう人は、そもそも幸せではないのでしょう。ストレスがたまっているのかもしれません。幸せでない人はやたら怒りますし、他人を攻撃する傾向にあります。自分が幸せではないから、(自分よりも弱そうに見える)他人をおとしめることで、自分の優位性を確認する作業がいじめなのでしょう。そして自信がないから同質性・均一性を求めて群れようとするのです。




いじめる人は強いのか、いいえ。強く見せたいがためにいじめるのです。自分の強みがないのでいじめという手段しか選べないのです。おまけに幸せでないからいじめをします。そしてもっと不幸せになるのです。

いじめられた人は自分を責めすぎない


子供のいじめとも似ていますが、単に弱いからいじめるケースと嫉妬からのいじめになるケースがあります。

弱いものいじめは見て分かりますが、後者の人気者をいじめるケースはなかなか発覚しません。

どうしたらいいの?


リアクションしない。
相手は悔しい顔や怒ってる顔、自分がした事で相手が不幸になっている事が喜びなのです。
なので徹底的に無視します。居ないと思っていいでしょう。

仕事でどうしても関わらないといけない場合には何を言われても動じない姿勢を見せるのです。
あなたが怒られ、悲しんでいる顔を決して見せてはいけません。ただ機械的に接するのです。
憎しみは込めずに、ただその人の前では何も考えずに機械的に接するのです。
相手はリアクションがないといじめるのが面白く無くなるからです。

それでも・・・

あなたが今その辛く苦しい渦中に居るとしたら「逃げる」という手段を忘れなく。
逃げる=負けだと思う人もいますが、逃げなければ話にならない相手もいます。
あなたが理解のできない変質者に出会った時に逃げずに、話し合いや、我慢をしますか?
相手は普通の幸せな人とは違う思考回路の、曲がった自己愛者なのです。

必ず・・・


いじめの加害者よりも上司に相談しましょう。
その出来事が起こったらその日のうちに話すのがいいでしょう。
証拠があれば提出しましょう。

次の被害者を出さないように、加害者もういじめに懲りて全うな人生を送れるように。
ignr-j