妊娠中の女子高生に体育強要「実技をやらないと卒業できない」って酷すぎる。

stg-j
stg-j

京都府立の全日制の高校が2015年11月、妊娠中の3年生の女子生徒(18)に対して、休学を勧め、卒業するには、体育の実技をすることを求めていたことがわかり、物議を醸している。

報道によると、昨年8月ごろ女子生徒の妊娠が発覚すると、高校側は11月ごろ、出産準備に専念するため休学するよう勧めた。その際、女子生徒に、体育の成績が「1」のため卒業できず、球技や持久走などの実技の補習が必要となると説明したという。




おかしすぎるだろ・・・








いやがらせである、これは。

妊娠した方が悪いだろ







正直、無計画さが感じられる。

だが彼女がどういった事情で妊娠してしまったのだろうか。
恐らく批判する人々が考えるのはだらしがない勉強に無意欲な不良じみた生徒だろう。
そうだろうか。きっと彼女がここまでしたという事は「将来」が欲しいのだと思う。

お腹の子を養える学歴と、自分の将来が欲しいのだと思う。それは皆同じである。




京都教育委員会は


報道によると、事件を受けて京都府教育委員会高校教育課は、『高校には、それぞれの生徒の状況に応じて配慮するようにと言っている。妊娠も、病気やけがと同様に配慮が必要』との見解を示した上で、妊娠した生徒の体育授業について『実技ではなく、リポート提出や軽微な体操で配慮できる』とコメントしています。

また、スポーツ庁学校体育室は『体育の評価は実技だけではない』とした上で、学習指導要領にある評価の観点は運動技能含め知識や意欲など4点で、『妊娠や障害など考慮すべき一つ一つのケースを明記せずとも、現行の記述で生徒の人権に配慮した授業は行える』とコメントしています。




stg-j