速報!!! 高畑淳子の記者会見!!涙ながらの「どんなことがあってもお母さんだから…」の意味

速報!! 高畑淳子の記者会見


Crankin_4144003_1-1



女優・高畑淳子の息子で、俳優の高畑裕太容疑者がおこした強姦致傷事件。


大物女優を母に持つ二世タレントの事件とあって、世間と芸能界には大衝撃が走った。
裕太容疑者が出演する予定だった日本テレビ「24時間テレビ39」内で出演予定だった
ドラマのキャスティングも代役を立てて撮り直しが行われ、被害総額も相当な
ものだという。
そのような中、昨日、高畑淳子は裕太容疑者と面会。

本日の会見に至った。



「どんなことがあってもお母さんだから」


20160825-00000032-dal-000-20-view



高畑淳子は生中継で行われた会見の中で、息子が犯した罪と深々と謝罪。

「一生一緒に償って行こうと話した」と語った。

そして、沈黙ののち、


「こういう状況であっても、親というものは本当に馬鹿で…

 言ってはいけないことだと分かっているのですが…

 庇ってはいけないことも分かっているのですが…」


と集まった報道陣に告げたあと、母としての思いを口にした。






「どんなことがあっても、お母さんだから」


被害者がいる以上、こんなことを口にするのは申し訳ないのは分かっている。

それでも、裕太容疑者にはそう伝えたという。
「被害者がもし、私の娘だったら、ということを置き換えて物事を考えるようにしている」
とも話した高畑淳子。


息子の性的暴行で傷ついた人がいる。


それは親として、どれほどの思いなのか。
また、報道陣から「被害者の女性とは会ったのか?」との質問に対しては、

「被害者には会っていない」と答えた。




中継の謝罪会見を観た視聴者のコメント


































裕太容疑者の犯した罪は、決して許されるものではない。


「成人している息子の罪で謝罪会見をする意味が分からない」

「被害者のことをもっと考慮すべき」

「息子の性癖なんて分かるはずないのだから、高畑淳子は悪くない」


様々な意見が飛び交うこの事件。


面会で、母の言葉を泣きながら聞いていたという裕太容疑者の償いは、
はじまったばかりである。