真矢ミキがゲス川谷を”ウツボカズラ”みたいと例える!!「周りの人を巻き込んで自分が成長していっちゃう」花言葉も彼にぴったり!?

「ウツボカズラみたい」

d9297_1462_e679e1b98060ecfa39c41e5633d2908a


女優の真矢ミキ(52)が昨日4日、自身がMCを務めるTBS「白熱ライブ ビビット」
(月~金曜前8・00)に生出演。

交際中の未成年タレント・ほのかりんと一緒に飲酒したとして、ボーカルを務めるバンド
「ゲスの極み乙女。」「indigo la End」が活動自粛となった川谷絵音(27)について、

「ウツボカズラみたい」


と表現した。

そこには、こんな真意が。


↓これがウツボカズラだ

fotolia_67202431_subscription_monthly_m-1-e1470924739990


「周りの人を巻き込んで自分が成長していっちゃう」



今年のはじめにタレントのベッキー(32)との不倫騒動に続き、またもや渦中の人となった川谷。
たくさんの女性を犠牲にして、自分がそこから学んで何かを得、人としてバンドマンとして大きく成長
しようとしているように、真矢には見えたのだろうか。

川谷の作る楽曲については、

「トランス状態みたいな。バランスの悪い青年とか、人が成長する段階の時に聞きたくなるような、私が中高生だったら聞きたいなという音楽」


と感想を語った。

続けて、

「いつもバランスが悪い立ち位置でいるのかな。だから一つ一つ勉強して学ばないのかな、いろんな人を巻き込んじゃったなということで次の一歩を踏まない方なのかな」



と、川谷が作品を生み出すために、敢えて不安定な立場に自らを置いているのでは…と推測。

また、演出家のテリー伊藤(66)は、不倫騒動と未成年に飲酒させたことについて、

「全然違う。法律違反だから」


と指摘し、川谷については

「ミュージシャンもちゃんとしていなきゃいけない。お笑いタレントと一緒で、軸がしっかりしているからバカができる。(川谷は)なくしたものが大きすぎる」


とコメントした。

ウツボカズラの花言葉は、「からみつく視線」「甘い罠」。
まさに、川谷にぴったりの言葉かもしれない。