今も視聴者からクレーム!!母親の生活保護問題で干された河本準一の悲惨な現状「でも、受給資格あった」!?

レギュラー番組、ほとんどなし

ee65d9184f49f96927bfb5af2615ecbe53c4133d1475676968


10月2日に放送された日本テレビ系『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』。
出演した、お笑いコンビ・次長課長の河本準一が現在レギュラー番組がほとんどないことを
吐露した。

ダウンタウンの浜田雅功が塾長、松本人志が教頭に扮し、芸人たちを厳しく指導する「熱血! 
浜田塾!!」のコーナーで、現在のレギュラー本数を尋ねたところ、河本は「正式なのは、もう
ほとんどありません」と返したのだ。

これには、まだ記憶にある人も多いであろう、4年前のあのことが原因である。


「タダでもらえるなら、もろうとけばいいんや!」

cgrm5nlucaa6lm
出典:Twitter


現在の河本のレギュラー番組は、テレビ東京のバラエティ番組『じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~』のみ。

かつてはレギュラー、準レギュラー合わせて10本ほどを抱える売れっ子だったが、2012年に発覚した実母の生活保護の不正受給問題に世論が反発。

あるテレビ関係者は語る。

「今も河本を番組に起用すると、視聴者からクレームの電話が入る。自宅不倫騒動を起こした元モーニング娘。の矢口真里とベッキーも同様。この3人の名前を番組のキャスティング会議で出すと、プロデューサーから鼻で笑われます」



騒動から4年以上が経過しても、河本がテレビに出演すれば「不正受給をした人」という風に
見えてしまうのかもしれない。

河本が所属するよしもとクリエイティブ・エージェンシーの関係者は、次のように語る。

「河本が稼いでいるのに母親が生活保護を不正受給していたことで叩かれましたが、実は彼の母親は、身体的な問題で、満足に働くことができないのです。生活保護の受給資格はある。身分や暮らしぶりをごまかして、不正受給していたわけではない」



ただ、実の息子に数千万円の稼ぎがある場合、管轄する自治体は親族に生活費の工面を
お願いするケースがある。だが、河本はそれを拒否したという。

「週刊誌にリークされた。態度も悪かったようで『タダでもらえるもんはもらっとき』と母親に伝えていたことまでバラされた」(マスコミ関係者)。



その結果、一気にメディアの露出が激減したというわけだ。
前出のテレビ関係者は、

「もうイメージ払拭は無理かもしれない。人気の吉本芸人のバーター出演が関の山。今後も苦境は続く」


という。

浮き沈みの激しい芸能界。
不正受給をしなかったとしても、人気に翳りが出る可能性はある。

しかし、河本の場合、自らの稼ぎで母親の窮地を救っていれば、違った未来があったのではないか。
今となってはすべてが「たられば」の世界になってしまうが、かつての人気を思うと残念でならない。