高畑裕太・強姦事件の被害者女性が告白した”示談に応じた理由”「聴取で心が折れてしまった」

20160910-00062041-roupeiro-000-5-view
「合意があると思っていた」高畑裕太
20160910-00062041-roupeiro-000-5-view

群馬県前橋市内において、ビジネスホテルの女性従業員に対する強姦致傷事件で逮捕された、女優の高畑淳子の長男・裕太。
最終的には不起訴になったものの、事件の被害者女性が発売中の「週刊現代」(講談社)で示談に応じた理由を告白している。

裕太は8月23日に逮捕されたが、女性との間で示談が成立して不起訴処分となり先月9月9日に釈放。
釈放後は埼玉県内の病院に入院している。

しかし、裕太の弁護士が釈放後「(女性との間で)合意があると思っていた」と主張。
それに対し、メディアの取材に初めて応じた女性は週刊現代の前号で「合意の感情は一切なかった」と心境を吐露した。
その記事を受け、裕太の弁護士は「女性のお話によっても、明らかな暴行や脅迫は認められないものと認識しています」というコメントを発表していた。

発売中の週刊現代で、女性は次のように語っている。


スポンサードリンク

20160910-00062041-roupeiro-000-5-view