梅宮アンナ涙 共演NGの神田うのと13年ぶりに和解「怖がらないで」

共演NGだったふたり

a647d128399602524671219170df5985_content


タレントの梅宮アンナ(44)が、タレントの神田うの(41)との共演を避けていたことを明かし、およそ13年ぶりに和解した。

梅宮は今月7日放送のTBS系「7時にあいましょう」に出演。
神田と13年前に放送されたフジテレビ系「新春かくし芸大会」で共演して以来、共演NGにしていることを明かした。

当時、ふたりにはこんなことがあったそうだ。


3c33cc39a4ea6b01b12e158ac055af20_20072


梅宮と神田は「殺陣で100人斬りに挑戦」という演目で共演。
しかし、梅宮がミスを連発したため、撮影時間が大幅に伸びて18時間にも及んだという。
さらに、それだけ時間をかけて取り組んだかくし芸も、低い点数となってしまったことで神田が激怒。
楽屋にスタッフを呼んで怒鳴りつける姿に梅宮は、

「スタッフに怒っているふりをして、自分に怒ってるんだ」


と感じたという。

当時の2人は番組での共演も多く仲が良かったが、梅宮はそれ以来、神田を避けるようになったそうだ。

そんな神田と13年ぶりにスタジオで対面をする前から、梅宮は涙を流し、

「泣いちゃった私。本当に大変だったんですよ。どうしよう、泣く場所じゃなかったのに…」


と声を震わせた。

だが、登場した神田は

「全然、怒ってないよ。なんで泣いちゃうの?」


と言い、当時のことも「実は忘れていて」と明かし、気にしていないことを話した。

何故、当時の楽屋でスタッフを怒鳴りつけていたのかといえば、「あんなに私たちが頑張ったのに点数が低くて、審査員に怒ってた」と釈明。
私、アンナちゃんに怒ってたら言ってるもん」と続けると、神田の性格をよく知る共演者たちも「確かに」と頷いた。

神田は「ずっとそういうふうに思われてたと思うと、なんかすごい……言ってくれればいいのに」と声を掛けたが、梅宮は「言ったらもっと跳ね返ってくるのかなって」と恐れていたことを明かした。

神田は「そんなに怖い?」と苦笑いしながらも、「怖がらないで」と優しく声を掛け、最後は握手をかわし、ハグをして和解した。