爆笑問題・太田 最愛の母の葬儀で最後の笑い届ける「ドナルド・トランプ」です

%e5%a4%aa%e7%94%b0
爆笑問題・太田 母の葬儀

d_09665267


爆笑問題の太田光の母・瑠智子さん(享年83)の葬儀が本日14日、都内でしめやかに営まれた。
前日の通夜、この日の葬儀で計300人が参列。
太田の相方である田中裕二を先頭に、瑠智子さんの棺が霊柩車に運ばれた後、喪主である太田があいさつに立った。


BGMには瑠智子さんが大好きだったという越路吹雪の「愛の賛歌」が流れていた。
太田は「本日はお忙しい中ご参列くださり、ありがとうございました」と頭を下げたあと、

「ドナルド・トランプです」


と渾身のギャグ。

傍にいた田中が小声で突っ込み、コンビの掛け合いを最後に母に届けた。

あいさつの中で太田は、4年前に亡くなった父親からは

「落語や文楽、人を楽しませること」


ことを教わり、母からは

「演劇や小説や物語の楽しさ」


と教わったと感謝し、「本当につくづく、親父とお袋に生き方を教育されました」と話した。

また、瑠智子さんの臨終に駆けつけた太田は、BGMで流れている「愛の賛歌」と「バラ色の人生」の2曲をiPodで母へ聴かせたという。
2曲きれいに聞き終わって心拍数がゼロになった。本当にほれぼれする死に方だった」と、母の最期の様子を語った。

光、死ぬときはこうやって死ぬんだよと母に教わった気分です。感謝しかない」としみじみさせたところで、最後にもう一度「ドナルド・トランプです」とジョークを飛ばして、あいさつを締めくくった。

この日の葬儀には、古舘伊知郎、テリー伊藤、松村邦洋、大渕愛子弁護士、日本エレキテル連合、長井秀和、TBSの安住紳一郎アナウンサーらが出席。サザンオールスターズの桑田佳祐からは弔電が届けられていたという。
%e5%a4%aa%e7%94%b0