落選でケンカ腰…和田アキ子にNHK紅白“永久追放”の可能性「紅白見たくない」「毎日泣いた」

maxresdefault
紅白落選の和田アキ子「毎日泣いた」と明かす

maxresdefault


和田アキ子(66)が、今年のNHK紅白歌合戦の落選が決まった。だが、“アッコ落選”の余波は未だに続いているという。

本人も「毎日泣いた」と語るほどの落ち込みようだったが、業界からは意外な声が出ている。


27日のワイドショーや情報バラエティーでも、今年の紅白に和田が落選したことを軒並み取り上げたほどだった。
和田と同じホリプロに所属する女医の西川史子は、

「ホリプロ内はかなりザワザワしてます。アッコさんの功績を考えて、ちゃんと花道を飾ってあげるべき」


とNHKを批判した。

しかし、NHKとホリプロとの間に“しこり”ができるほど、今回の選考は揉めてしまったらしい。

スポーツ紙記者は語る。

「バラエティー番組などで“ご意見番”のイメージが強いアッコさんですが、『自分は歌手』という強烈な自負があるんです。だから、音楽番組の代表でもある紅白に対しては“特別な思い”があった。そのため、歌う前は子犬のようにブルブル震えるほど緊張を見せるんです。終われば、顔なじみの記者や関係者らとワイワイやるのが恒例でした。それだけに、本人のショックは計り知れません」



当の和田は、26日に出演したラジオ番組で

「毎日泣いた」
「今回は(紅白を)見たくない」
「(年末は)海外に行きたい」
「NHKはスクランブルをかけてほしい」


と、冗談とも本気とも取れる怒りのコメントを連発した。

かつて、紅白を引退した演歌歌手の北島三郎が「大みそかは家にいたが、紅白は見なかった」と告白したことはあったが、始まる前から「見たくない」と宣言するのは異例だ。

それほどショックなのは分かるが、過去には一度紅白を辞退した島倉千代子が「人生いろいろ」のヒットにより再び紅白に出場した例もある。和田も再びヒット曲を出せば、復帰できる可能性はあるのだ。
しかし、今回の「見たくない」宣言がNHKサイドを刺激した可能性があるという。業界関係者が説明する。

「一度落選したからといって、NHKに後ろ足で砂をかけるような物言いはマナーが悪すぎる。実は、紅白に強い影響力を持つ“芸能界のドン”も数年前からアッコさんを落としたがっていただけに、“紅白復帰”はしばらくないかもしれません」



このまま紅白から“永久追放”の可能性も浮上してきた和田。

また、自分の気持ちを感情のままにぶつけたことにより、ネットではこんなコメントも出た。

小林幸子だって落選した時はショックだったろうけど
あの人はファンを裏切らなかったよ。
応援してくれる人がいる限りは自分でお金を出してでも
ニコ動で歌ってくれてた。
それがホントの歌手なんじゃないのか?
落選したからなんだっての?
あなたに応援してくれる人がいるのなら
コンサートでもすればいいのでは?
それこそが1年間お世話になったファンへの恩返しだろうが



紅白に対する和田の凄まじい執念が窺える一件だったが、最出場を目指して歌手活動を頑張ってほしい。
maxresdefault