大渕愛子弁護士が第2子次男を出産「心の底からほっと安心」「名前は顔を見てから決める」

大淵愛子弁護士、第2子を出産

news_large_20150701nw00787


俳優・金山一彦(49)の妻で、弁護士の大渕愛子(39)が6日、第2子となる男児を出産した。

大淵は自身のブログで、喜びを次のように綴っている。



おかげさまで、本日9時37分、2924gの男の子を無事出産いたしました。

母子ともに健康です。

元気に生まれてきてくれて、心の底からほっと安心するとともに、生まれてきてくれた赤ちゃんにも、支えてくれた家族にも、応援してくださったみなさまにも、感謝の気持ちでいっぱいです。

ありがとうございました。

名前は、いくつか候補を考えていましたが、顔を見てから決めようと話していたので、これから家族と相談して決めようと思います。

取り急ぎ、出産のご報告まで。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。



大渕弁護士は2014年に金山と結婚し、昨年3月に長男を出産。
今年の7月に第2子妊娠を公表した。