三船美佳が「嫌いなママタレ」ランキング急上昇!その理由は…?

三船美佳が「嫌いなママタレ」ランキング急上昇!

nbf7defkgie1nb3_8177
出典:三船美佳


芸能活動をしながら子育てもこなす、いわゆる”ママタレ”。

華やかな芸能界で活躍するとあり、当然、世間からは憧れ的な存在となる好感度ママも多い。
しかし、やはり話題になるのは、言動や行動などいろんな場面で悪目立ちしていまう「嫌われママタレ」だろう。

ここ最近、その代表格とされているのが、タレントの三船美佳だ。
一体彼女はなぜ、ここまで嫌われてしまったというのか。


昨年12月31日に「セブンイレブン」限定ムックとして発売された「Asa‐Jo Premium(アサジョプレミアム)」では、関東と関西のママ1000人によるアンケートを実施、最新の「嫌いなママタレ」ランキングを発表している。

上位には常連と言ってもいい神田うのや紗栄子、辻希美らがランクインしているが、2016年になって急上昇し、この2017年は「さらに嫌われていく」とメディアが予想しているのが三船美佳だという。

女性誌の記者はその理由を次のように語る。

「夫だった高橋ジョージとの不仲が報道された当時は世間の同情を一身に浴びましたが、その後のモラハラ騒動や、商売っ気たっぷりの離婚騒動の長期化で、どっちもどっちという印象が強くなった。そもそも16歳で24歳年上のミュージシャンと結婚など、世間的には賛同を得にくい経歴でしたし、離婚してからは切り札ともいうべき“三船”売りも鼻についてきた。ママたちからも『目が笑ってなくて怖い』との声が聞こえ、その性根にも気づかれてしまったようなところがあります。17年は芸能界からフェイドアウトしていくか、さらに嫌われ度を上げていくかのどちらかでしょう」



また、子育ての仕方が批判を浴びている「嫌われママ」のとして木下優樹菜、山田優らの名もあがっている。
芸能界で生き抜くためには多少奇抜さも必要かもしれないが、それが子育てにまで及んでしまうと、世間の目は一気に冷たくなるのかもしれない。

今年、三船の好感度が上がることがあるのだろうか。
テレビ出演する彼女に注目したい。