和田アキ子が『アッコにおまかせ』で見せたパワハラが大問題に!!TBS関係者も「BPO案件になるかも…」

和田アキ子が『アッコにおまかせ』で見せたパワハラが大問題に

g196-2


1月22日に放送されたTBS系『アッコにおまかせ!』で、お笑い芸人・狩野英孝の交際相手が17歳の現役女子高校生だったことが淫行にあたるかどうかというニュースを扱った。

これに対し、同番組の司会を務める歌手の和田アキ子が、出演者のお笑い芸人・出川哲朗に「おい出川。ちょっと狩野に電話して出たらどんな気持ちか聞いてみいや」と同じ事務所であることからとんでもない提案をした。

これを観ていた視聴者からは、「パワハラだ」とクレームが殺到したという。


前日の21に会見を開いた狩野は、

「相手の女性は22歳だと聞いていましたが、彼女の口から10代と聞かされて自分も驚き、友人関係に戻ることにしました。今回の件を含め、今までのことも含め、謹慎することにしました」

と謝罪。
だが和田は、そんな狩野や「(狩野は)謹慎中なので勘弁してください」と懇願する出川の気持ちを無視し、早く電話をかけるように促す始末。

業界の大先輩の言うことを出川が断れるはずもなく、「狩野、ごめんな…」とつぶやきながら出川は電話をかけた。

この圧力かけまくりのやりとりを観た視聴者からは、

「本人が記者会見に出て『謹慎します』と言っているのに、あえて電話するなんて、いじめだとは思わないのか」

「和田は『狩野はこの番組の準レギュラー出演者だから』と言うが、じゃあレギュラーや準レギュラーだったら何をしてもいいのか」

と、抗議の電話が殺到。

放送作家の一人は、

「確かにいじめにつながりがちな話です。これではスポンサーにもクレームが入ってしまいます」

と話す。

和田からすれば、ここで狩野が電話に出て心境を語れば番組も盛り上がり、視聴率の上昇にもつながると考えたかもしれない。
だが、この問題は犯罪に発展する可能性があり、しかも当事者が未成年の案件なのだ。
司会者であるならば、もっと慎重にいこうと思わなかったのだろうか。

出川は、

「スタッフたちが大変だと思います。僕たちは演者側ですから」

と、狩野の周囲の関係者を慮る発言をした。

その一方で、悪乗り気味の和田に対しては、ネット上にて《もう引退したらどうか》、《これだけコンプライアンスが厳しいテレビ界で和田はもう機能しないだろう》などの批判めいた投稿があふれている。

この件はTBS関係者も見過ごせないと判断したのか、

「これはもしかしたらBPO案件になるかもしれない。結構まずいです」


と語る。

また、和田の”思いやりのなさ”が露見した形となった。