ビートたけしが分析する「SMAPでこれから誰が生き残るのか」

maxresdefault-1
「SMAPでこれから誰が生き残るのか」をビートたけしが分析

maxresdefault-1


国民的アイドルグループ・SMAPの解散は、ファンのみならず多くの芸能関係者にも衝撃を与えた。

「日本の宝を失った」と表現する声もあったように、ファンでなくとも、SMAPの楽曲を知っている国民は数多く存在し、グループは半永久的にあるものだと信じて疑わなかった人も大勢いた。

元メンバーの木村拓哉と自動車のCMで共演するなど、SMAPメンバーとも少なからず接点があったコメディアンのビートたけし。

果たして彼は、解散後のSMAPについてどう分析しているのだろうか。
最新刊『テレビじゃ言えない』も話題のたけしが、テレビでは話せないSMAPメンバーの今後について思うところを語った。



残酷なことをいうようだけど、唯一いえるのは「SMAP」ってブランドが無くなっても食っていけるのは、全員じゃないだろう。

これまで、20年間も「国民的アイドル」なんて呼ばれるポジションにいたことが、そもそも奇跡的なんだからさ。芸能界ってのは、そんなに長い間絶頂を維持できるもんじゃないからね。「一発屋芸人」ってのが流行語のようになっているけど、そんなことをいえば俳優だって、歌手だって、アイドルだってほとんどが「一発屋」だもん。逆にいえば、一瞬だけでも当たれば御の字という業界なんだよ。

芸能界に関わった99%の人は、世間に知られる前に消えていっちゃうんだからね。

オイラが経験した漫才ブームのときだってそうだった。あの頃は、誰も彼もがキャーキャーいわれて浮かれてたけど、ブームが過ぎればあっという間にあぶれた。オイラみたいに何とか業界で食えてるのは、運のいい一握りなんだよな。

SMAPでこれから誰が生き残るのか。ちょっと偉そうだけどいわせてもらえれば、それを決めるのは、実は「これからの動き」じゃないんだよ。今後を一番左右するのは「これまで何を考えていたか」なんだ。

さっきいったように、漫才ブームでいろんな芸人が世に出て、人気絶頂になって、そして数年でいなくなった。芸能界から消えたヤツラってのはみんな「ブームが永遠に続く」と勘違いしていたヤツラなんだよな。

オイラは、漫才ブームの絶頂の時、パーッとカネを遣ってドンチャン騒ぎしたり、車やら高い買い物をしたこともあるけど、基本的には冷めていた。「こんなことは長くは続かない」と思ってたんだよ。だから飲んだり、みんなとバカやったりしていても「このままじゃヤバイ」「どうにかしなきゃいけない」と、頭のどこかでスーッと冷たく考えているところがあったんだ。

それは、たぶん母ちゃんの教育というか、影響が大きいんだと思う。ガキの頃から、オイラに調子のいいことが続いていると、母ちゃんはいつも「浮かれちゃダメだ」「いいことは長くは続かない」「いいときこそ反省しろ」みたいなことをいうんだよな。

だから、漫才がうまくいってる時も、「次はどうやって食っていくか」って考えてた。だから、『風雲!たけし城』(TBS系)とか『ビートたけしのスポーツ大将』(テレビ朝日系)みたいに、これまでなかった「新しいバラエティ番組の仕組み」を作ろうと頭をひねってたんだよな。

大島渚監督の映画『戦場のメリークリスマス』に出してもらったこともあって、「役者」っていう可能性も頭に浮かぶようになってきた。

いろんな冠番組を持つようになって、司会をやるようになったときも「いつかオイラの反射神経は落ちる。トークで食えなくなる」と心配していた。だから映画を撮ることだったり、他の道をいろいろ探していたってところがあるんだ。

まァ、行き当たりばったりでうまくいきゃそれでいいんだけど、そんなに甘くはないからね。SMAPの誰が生き残るかってのは、「自分の10年後、20年後を一番リアルに想像してたのは誰か」って話と実は同じなんだよな。


maxresdefault-1