清水富美加、仲間由紀恵を”公開処刑”した名場面に見る「引退は惜しい」理由

清水ふみか
清水富美加、仲間由紀恵を”公開処刑”した名場面

ref_l


2月12日、宗教団体「幸福の科学」への出家宣言以降、世間を騒がせ続けている女優の清水富美加。
多くの仕事を投げ出したことを批判する芸能人も多いが、騒動以前の清水に対して業界からの評判は極めてよかったという。

そして、それを裏付けるエピソードがある。



「NHK朝ドラ『まれ』で主人公の親友役を演じ、女優として注目されましたが、バラエティ番組に呼ばれるようになると、その対応力に芸人たちからラブコールが殺到しました」

と語るのはテレビ関係者。

そんな清水に、芥川賞作家の羽田圭介が虜になった逸話がある。
それは、2015年9月に放送された日本テレビ系「人生が変わる1分間の深イイ話 花形職業は本当に幸せなのか2時間SP!」にゲスト出演した時のこと。

「難しい作家哲学を語る羽田のVTRに対し、同じくゲストの仲間由紀恵は『書くということ、そのために努力していらっしゃるんだなって姿を知れたのは、よかったなと思います』と上っ面なコメントをするのが精一杯。羽田も『それで本を買ってくれるんですかね』と腑に落ちない様子でした。一方、清水は『締めくくりが快楽と苦しみの中を生きてっていう。永遠の人間のテーマの中で、あんなになりながらもしっかり生きているって感じがして、生命力で勇気をもらった』と羽田の哲学を汲んだみごとなコメントを披露。羽田は満面の笑顔で『番号とか教えてくれますか?』と思わず本音が出てしまったのが印象的でした。清水が仲間を公開処刑し、スタジオの空気を全て持っていった瞬間でしたね」(前出・テレビ関係者)



芸能界での仕事について、「思っていた世界とは違った」とコメントした清水。
だが、業界関係者から「惜しい」との声が思わず漏れるのも頷けるほど、この時の清水の返しは秀逸なものだった。
清水ふみか