吉高由里子「タラレバ娘」、視聴率好調だけど”設定変更”が仇となり後半グダグダ?視聴者から「変じゃない?」と指摘も

吉高由里子「タラレバ娘」、設定変更で矛盾が生じる

7Cy2me6m_1485163068


2月22日に放送された、吉高由里子主演の日本テレビ系ドラマ「東京タラレバ娘」。
第6話の平均視聴率は12.5%を記録し、第5話の11.5%から1ポイントも上げ、V字回復となった。

そんな好調のタラレバ娘だが、原作とは微妙に設定を変えており、その矛盾が後半になって生じて来ているという。


前回の放送では吉高演じる倫子が、スーパーでキャベツを買おうかどうか逡巡している時に、長身でイケメンのバーテンダー・奥田(速水もこみち)と出会う。
彼は料理上手で性格も良く、倫子は奥田と恋愛に発展。しかし6話では結局、破局してしまう。
この展開に視聴者からは、

「あんなにハイスペック男でも、価値観が全然違うのに本音が言えないのって地獄だよね」
「倫子は一緒に居て疲れる感じで、話題が合わず価値観が異なる奥田とは長続きしないだろうから別れて正解だと思う」

と、ふたりが破局したことへの共感は多かった。

だが一方で、

「仕事がなくなって財政ピンチなのに、カフェでランチしたり、旅行へ行ったり、毎晩のように居酒屋呑みって変じゃない?」

と、倫子の生活スタイルに違和感を覚える視聴者もいるようだ。

テレビ誌のライターは、「当初からの原作とのズレが、後半にきて大きなズレとなった」と分析。

「これまで、多くの視聴者から指摘されてきたように、原作とドラマは設定が少し違います。原作で倫子は古いが大きなマンションに住んでいるし、仕事もボチボチこなしている。でもドラマは違う。このような細かい設定変更のせいで、後半にきて辻褄が合わなくなりグダグダになってきた。原作ファンは、困惑しているでしょうね」



漫画ではその設定で良くても、アニメやドラマになる際は設定が変更になるということはよくある。
しかし、最後の最後まで矛盾を生じさせないようにするには少々詰めが甘かったのかもしれない。