「はじめてのおつかい」に届く“放送中止願い”!!関係者が明かす、その驚きの声とは

「はじめてのおつかい」に届く“放送中止願い”

og_img


女優・香里奈が主演を務めるフジテレビ系ドラマ『嫌われる勇気』が、日本アドラー心理学会から「ドラマにはきわめて重大な問題がある」との抗議を受けた。
学会側は”放送中止”、もしくは”脚本の大幅な見直し”を要望したが、フジテレビは放送を継続する意向であることも報じられている。

この件だけでなく、テレビ業界には各種団体や視聴者からの要望や抗議が多く寄せられるものだ。
そして、あの歴史ある番組にも同じような要望が届くことがあるという。

それは、どのような要望なのだろうか?


放送中止を要望する声が時折届くのが、日本テレビ系「はじめてのいおつかい」だという。

1991年から放送が始まった同番組は、お正月などの節目ごと年に数回ずつ放送されてい。
今年で放送26年目を迎える歴史ある番組なのだが、生まれて初めておつかいに出かける子どもの様子を微笑ましく映し出しており、ファンも多い。

なぜ、この番組に「放送中止」の声が届くのだろうか。
テレビ番組の関係者が明かす。

「番組を見たお子さんが『僕も(私も)おつかいにひとりで行きたい』と言い出すそうなんです。親御さんの立場からすると、これがなかなか複雑なのだとか」(同)


子供が率先して親を手伝おうという気持ちが芽生えることは、大いに良い話のような気もする。
だが、親も手を叩いて喜べない理由があった。

「今は通学途中に事故で亡くなる子どものニュースも増えています。また、放送開始時と比べて近所付き合いなども希薄になっているので、子どもをひとりでおつかいに出せる環境が整っている地域は稀。そのため、子どもにそういう意識を植え付けないでほしいという意味で『放送中止』の声が届くわけです」(同)


たしかに、26年も経てば時代や社会情勢は大きく変化する。
子供を狙った残忍で悪質な事件も発生しているため、ますます子供から目が離せないだろう。

同番組は、安全管理をどう行なっているのか。

「撮影時は周囲をカメラマンが囲んで、それ以外にも警備担当スタッフが十数名ついています。撮影前には、全ての道路状況を調べあげ、危険な箇所は通らないルートを設定、またどうしても避けられない場合にはスタッフを増員して事故防止に努めています。

つまり、番組に出ているお子さんは安全な状況下で買い物をしているわけですが、番組を見ている子どもはそこまでは把握できないので『行きたい』と言い出してしまうわけです。こういう気持ちは成長の現れでもあるので、本来は喜ばしいことなんですけどね」(同)


子供の成長を誰よりも喜ぶのは、もちろん親だ。
番組がきっかけとなってそのような気持ちが芽生えることは、制作側としても嬉しいだろう。
だが、子供を心配する親の気持ちも分かるからこそ、難しい判断だという。

「もちろん今のところ中止にする予定はありません。番組側としては最近、カメラマンの姿をわざと映したり、警備担当スタッフをあえてわかりやすく見せたりして、『道路は子どもだけで歩くと危険がいっぱい』ということがわかるような作りにしています。本当に“子どもが大人から離れてひとりでおつかいに行っている”わけではないことを理解してもらうしかないですね。番組を見ている親御さんにも、まずはお子さんと一緒に買い物に行って、徐々に離れて見守るようにするなど、いくつかの段階を踏んだ上でひとりでのおつかいにチャレンジさせるようにしてほしいです」(同)



子供としても生きづらい世の中ではあるが、まずは親が様々な”危険”がひそんでいることをしっかり教えることからスタートした方が良さそうだ。