西内まりや『突然ですが、明日結婚します』山場のシーンが「先読める」と苦笑の嵐

『明日婚』、山場のシーンが「先読める」と苦笑の嵐

269355


3月6日に放送された、西内まりや主演のフジテレビ系月9ドラマ『突然ですが、明日結婚します』第7話の視聴率が6.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録したことが分かった。

4週連続の“月9単話最低視聴率更新”は免れたものの、副音声放送やストーリー展開に不満の声があがっているという。


同ドラマは、結婚願望の強い銀行員・高梨あすか(西内)と、絶対に結婚したくない派のイケメンアナウンサー・名波竜(山村隆太)のラブストーリー。
第7話では、同棲と不倫二股疑惑のゴシップを報じられた名波が、プロデューサーに報道特番のメインキャスターからの降板を告げられる……といった波乱の展開だった。

視聴者は、一体どこに不満を抱いたのかというと…。

「第7話は、山村や山崎育三郎、森田甘路、加藤諒、flumpoolのギター・阪井一生が出演する副音声放送が『バカみたいな男子校のノリが面白かった』『西内まりやの入浴シーンで、副音声が盛り上がってて笑った』と好評のようでした。しかしその一方で『副音声がうるさすぎて、本編の内容さっぱりだわ』『本編のセリフが聞き取りづらかった』『声が似てて誰がしゃべってるかわからない』といった不満の声も上がっています」(芸能ライター)


そんな第7話の視聴率は、月9史上初となる視聴率5.0%を記録した前話から1.4ポイント上昇した。
しかし、現在までの平均は6.8%で、未だ苦しい状況に立たされているのことに変わりはないのだ。

「この数字は、先日最終回を迎えた金曜午後11時枠放送の『奪い愛、冬』(テレビ朝日系)の全話平均視聴率6.4%とほぼ変わりません。ストーリー展開についても、ダメ出しが噴出していて、特に第7話の終盤、名波があすかに別れを切り出すシーンには、『あすかのことを思って、あえて別れを選んだんでしょ? お決まりの展開』『こういうストーリー、何万回見たことか』といった声がネット上にあふれていました。さらに次回は、あすかに思い寄せる神谷(山崎)とあすかが急接近するといった展開が予告されているのですが、『どうせそんなことだろうと思った』と落胆する視聴者も多いだけに、視聴率上昇は望めないかもしれませんね」(同)


これによりネット上では、

「こんなドラマの主演なんて、西内がかわいそうになってきた」


と、同情の声が聞こえてくるまでになった。

西内は内心、留学した方が良かったと考えているだろうか。