ムーディー勝山のクズ人格にドン引きする人続出「売れた瞬間相方を捨てるように解散した」

ムーディ勝山の痛いしくじり

news_header_1026_shi_003


皆さんは覚えているだろうか?
「チャラチャッチャッチャラッチャー」のメロディと「右から左に受け流す」のギャグで一世を風靡した芸人・ムーディ勝山のことを。

今ではすっかり姿を見なくなった印象の彼だが、先月31日に放送されたテレビ朝日系『しくじり先生 俺みたいになるな!!』に出演。
過去のしくじり体験を赤裸々に吐露したのだが、それがあまりにもクズ過ぎて視聴者がドン引きする事態となった。

一体、ムーディはどんなしくじりをしたのだろうか?


器が小さすぎる!!

img_bb16252a59d9b347f6a69ca4e5b02f36121961


この日の放送の講師役のひとりとして出演したムーディ。
彼いわく、「自分は器がとにかく小さく、おちょこの裏くらいしかない」とのこと。
具体的にはどのような行動を過去にとってきたかと言うと………なかなかのことをしていた!!

・自分が売れると、1年先輩だった元相方・梶を完全に見下し、お荷物扱い
・売れた瞬間、梶に対してタメ口解禁&「お前」呼び開始
・自分が売れたことで梶も潤ってくると、それがムカついて暴言
・そして梶を捨てるように解散
・梶にはその他さまざまなパワハラ発言を行ない、笑いにも厳しく注文をつけていた
・自分よりも売れていない後輩芸人にはキツいダメ出しを行なうなど、立場が下の人間には徹底的に厳しく当たる



などだ。

テレビでもてはやされ、相当舞い上がってしまったのだろう。
しかし、彼の狼藉エピソードはまだまだ続く。



梶の地元に営業で訪れたとき、梶の親が見に来ている中、舞台上から「梶くんの親来てるみたいですけど。僕のところに挨拶来てないんですわ」と、衝撃の発言をしたことが明かされたのだ。
出番の後、梶の親が実際に楽屋を訪れムーディに謝罪の言葉を述べたところ、ムーディーは「いやいや! 冗談ですよ! ボケです!」と芸人らしいフォローをすることもなかった。
本心から上記のような発言をしていたそうで、「オレのおかげで潤ってる息子、親も感謝せえよ」という心境だったと語ったのであった。



これはなかなかの衝撃をおぼえる。

本人だけならまだしも、その親に対してまで上から目線で接するとは…これまで数々のしくじり懺悔がなされてきた同番組だが、これにはさすがの出演陣もドン引き。
人間、ここまで天狗状態になれるものなのだろうかと疑問がわいてくる。

視聴者も当然のようにドン引きの嵐で、ネット民の中には「クズ過ぎてチャンネル変えた」「再ブレイクしなくていいや」など、厳しい声も確認できる。









「しくじりから学ぼう」というサブタイトルが付いている同番組だが、視聴者には「俺みたいになるな!!」のフレーズの方が印象に残る放送となった。