日村もキレた!?バナナマン『そんなバカなマン』打ち切りでフジに批判殺到!「他に終わらせる番組はいくらでもある」

バカなマン
バナナマン『そんなバカなマン』打ち切りでフジに批判殺到!

394056_615


2月19日に放送されたフジテレビ系バラエティ番組「そんなバカなマン」にて、同番組が3月で終了することが正式に発表された。
突然の打ち切り発表に、出演者のお笑いコンビ・バナナマンの日村勇紀は肩を落としたという。

そして、視聴者からは「他に終わらせる番組はいくらでもある」と批判も相次いでいるという。


テレビ誌の記者は、

「同番組はバカリズムとバナナマンがレギュラーを務め、構成に『トリビアの泉』や『ゲームセンターCX』(フジテレビ系)などを生み出した酒井健作、3人目のバナナマンと言われるオークラなどの人気作家が集結。2015年からのレギュラー放送以降は、様々な企画に挑戦し、バラエティファンから支持を得ていました。しかし今回の放送で、3月19日をもって打ち切られると出演者に伝えられたのです」

と番組終了の経緯を説明する。

打ち切りが発表された時、バナナマン日村は本気で落ち込んだ様子を見せて

「バカだよフジテレビは‥‥。終らせんじゃないよ!」

と嘆いた。
バカリズムも「そうですよ!」と苦笑いを見せたところで、その日の番組は終了。

だが、嘆き悲しんだのは出演者だけではない。

「近年、人気の低迷が叫ばれるフジの中で、『バカなマン』は、コアなバラエティファンを掴んでいる数少ない番組でした。そのため、打ち切りが発表されると視聴者からは『フジは本当にバカなの? ありえない』『これを切っちゃダメでしょ。フジは無能すぎる』『他に終わらせる番組はいくらでもあるだろ!』と、終了を悲しむ声よりも、フジの編成に怒りの声を上げる人が殺到するという珍しい事態となりました」(前出・テレビ誌記者)



昨年は元旦の特番も任され、フジテレビを盛り上げていたかのように思えた「バカなマン」。
日村の「バカだよフジテレビは」という言葉は、視聴者の思いでもあったようだ。

またひとつ、フジテレビが嫌われる理由が増えたと言える。
バカなマン