成宮寛貴さん実は苦労人だった。母の死を乗り越え…1人で弟を育て上げた兄弟愛に涙。

成宮寛貴
成宮寛貴

数多くのドラマに出演し、その演技力に定評がある俳優の成宮寛貴さん。

2016年5月現在、放送中のドラマ『不機嫌な果実』に出演しており、多くの方の心を捉えています。
とにかくさわやかでカッコイイですよね♪
多くの女性のハートを虜にする正真正銘のイケメンです!

おはよう!

成宮寛貴さん(@hirokinarimiya_official)が投稿した写真 -







そんな成宮さんの過去がドラマのようだと話題になっております。

実は俳優として成功した裏には大変な苦労があったようなのです。

幼少期を母子家庭で育った成宮さん。
まだ14歳の時、身体が弱かったお母さんが体調を崩し、若くして亡くなってしまいます。

その後は小学生である6歳下の弟と、心細い二人暮らし。。。
どうにか生活していくために、成宮さんは引越しのアルバイトで働き始めます。
なんと夜はゲイバーで働いていたとの情報も...

それから数年は、とにかく昼夜問わず働き詰め。



同年代の人が学校で過ごす青春時代を、成宮さんは一心不乱に働いて過ごしました。
そんな忙しい毎日でも、弟にお弁当を作ってあげるのは欠かさなかった。。

成宮さんが芸能界に入るきっかけも、弟の進学のためでした。

当然ながら弟さんを進学させるためには多くのお金が必要。
少しでも良い給料を得るために「中卒である自分ができることは何か」を必死に考え、選んだ道が俳優だったのです。

俳優業で成功を収め、働いたお金で弟を高校・大学へと進学させます。
中卒であることで、学歴は大事だと身に沁みていた成宮さん。
弟をより良い大学にいかせようと「一年浪人して有名な大学に進学してくれ」と頼んだこともありました。

その後、弟は無事に大学を卒業・就職し、今では結婚して幸せに暮らしているそうです。

自分の青春を捧げ、父となり母となり弟を立派に育てあげた成宮さん。
いつもさわやかな笑顔の彼の裏には、こんな苦労があったのですね。

弟から兄への手紙


笑福亭鶴瓶さんが司会を勤めるトーク番組『A-Studio』に成宮さんがゲストとして出演したときに、
弟からの感謝の手紙が送られました。

本人の口から語られる成宮さんの過去も、ぜひ併せてご覧ください。





※手紙のシーンは21分10秒から



兄へ

幼少の頃は母が出張で、留守にしがちでよく二人で留守番をしていましたね。

イタズラ好きな兄は、寂しくないようにと私をからかい泣かしていました。 お蔭で泣かされていた記憶が多いです。

母が亡くなった葬儀の時は、泣いてばかりの私に「最後ぐらい我慢しろ。お母さん心配で休めないぞ。これからは二人で頑張ろう」と涙をため、手を強く握りながら言っていたのを今でも強く覚えています。

二人で生活を始めてからは、家にも帰れないような忙しさの中でも「人気商売だからここで頑張らないと」と台本を片手に家を出ていく姿は本当にかっこよかったです。

当時、まだ二十歳ぐらいだったにも関わらず、兄は私に父のように、母のように厳しく、優しく、接してくれました。

そのお蔭で私は進んでこれたのだと思います。

兄が当たり前のように自分の青春に変えてまで、弟を育ててくれたことに感謝してもしきれません。

本当にありがとうございました。

これからもお身体に気をつけて頑張ってください。

弟より・・・



涙を堪えながら、弟の手紙の内容を聴く成宮さんの姿がとても印象的でした。

自身の成功より、まずは弟の幸せを願った成宮さん。
俳優としてだけでなく、一人の人間として本当にかっこいい方だったんですね。

ますます今後のご活躍を応援したくなりました。
成宮寛貴