天才か!あさイチでイノッチが考えた『ひよこボタン』が子育てママを救うと絶賛!!「どんどん泣きなさい。子どもは泣くのが仕事ですよ」

イノッチ、天才か!!

a0319165_12132527


10月19日(水)に放送されたNHKの朝の情報番組『あさイチ』。
キャスターを務めるV6のイノッチこと井ノ原快彦さんが、世の中に新たな仕組み「ひよこボタン」を提案し、「天才か!」とツイッターを中心に注目を集めています。


「ひよこボタン」とは?

lgf01a201303081000
出典:GATAG


この日の『あさイチ』では「気を使いすぎ? 社会」という議題で、現代社会の問題を取り上げました。
「マタニティマーク」「ネットの書き込み」「公園のボール遊び」など、クレームや批判にまつわる様々なあるある場面をピックアップ。

イノッチは、レストランや電車で子どもが泣き出し、親が萎縮してしまう現象“すいません病”が蔓延していると指摘。
そして、自信に満ち溢れた表情で「ひよこボタン」の導入を推奨しました。

「有働さんにもよく言ってるんですけど、コレ! “ひよこボタン”を発明したんですよ」


「ひよこボタン」とは、一体何でしょうか?
イノッチは、まだ作っていないと話しながらも、構想を説明しました。

「飛行機とか電車とかに“ひよこボタン”を設けておくんですよ。子どもが泣いたら、(周りが)このボタンを押すんです。“ピヨピヨ”って笑 それは全然大丈夫ですよって(周りからの)合図。どんどん泣きなさい。子どもは泣くのが仕事ですよって」


この考えには、ゲストで出演した小島慶子や又吉又直樹も唸ります。
イノッチはさらに、心理的な切り口から『ひよこボタン』が効果的に働く理由を語ります。

「“大丈夫だよ 大丈夫だよ”と思ってても、直接みんな言えない。(本人を)見ちゃうと、睨んでると思われるから、つい目をそらしちゃう」



ボタンを押すジェスチャーとともに、「だから“ひよこボタン”。“ピヨピヨと”」と最後まで熱いプレゼンを行ったイノッチ。
有働アナも「(メーカーの方)特許はコチラに」と太鼓判、笑いを誘って締めました。

視聴者からも大絶賛で、ネットでは「ひよこボタン」のアプリを作ってみたという人が出るほど。
ユーザーの期待も膨らみます。



















想いを口にする代わりに、ひよこボタン。
イノッチの構想をきっかけに、日本が子育てをしやすい優しい社会になるといいですね!

イノッチ、ほんとに天才だ!!