キラキラネームにまつわる可哀想すぎる話…「パインくん」の生まれてから社会人になるまで

「パインくん」

snack-pine-h

出典:楽天市場


親としては、幸せを願ってつけたつもりかもしれない。

意味は、立派なのかもしれない。

ただ、その名前を子供がつけられて背負った日から、
その子はつらい人生を歩むかもしれない。

これは「パイン」くんと名付けられた、男の子の物語。




息子さんが一才のとき。

ママ友(パインくんって言うんだぁーこのお母さん大丈夫かなぁ??ちょっと距離置こう・・・それにしても呼ぶの恥ずかしいな・・・)

息子さんが小学生のとき。

先生「○○はおんくーん」

羽音「先生、パインです・・・」

先生「あ、パインくんね。ごめんね(え!?パイン!?フルーツ???すごい名前だな・・・この子の親モンスターかな。対応に気をつけよう・・・)」

息子さんが中学生のとき。

同級生「ぱいん、ぱいん、おっぱい??ん。ぎゃははははは!!!」






息子さんが大学生のとき。

合コンにて

羽音「パインです。よろしく!」

一同「え、名前パインって言うの??」

一同名前で盛り上がる

女子「名前すごい印象的?かわいい?(名前ちょーウケるけど呼ぶの恥ずかしい?彼氏にはないな)」

息子さん彼女ができたら

彼女(自分の息子にパインなんて名前つけるってどんな親だろう・・・彼氏の親が馬鹿ってやだなぁ?)

そして名前が原因で別れる。

息子さん社会人のとき。

重要な取引会議の初顔合わせにて

羽音「○○パインと申します。よろしくお願い致します。」

取引相手(・・・)

取引失敗に終わる。