2位はわいせつ系!「高校生がスマホを使用していて起こったこと」ランキング

%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%9b
高校生の所持率96.8%!!

img_02_l



インテル セキュリティ×MMD研究所調べによると、高校生の携帯所持率は
96.8%なんだそうです!!

大人以上の操作力を持ち、親がまったく分からないことを子供から教わる、
という家庭も多いのではないでしょうか。

楽しくておもしろいアプリなどが充実している反面、恐ろしいトラブルや
事件に巻き込まれる高校生も急増しています。

そこでインテル セキュリティ×MMD研究所が調査した、「高校生がスマホを使用していて起こったこと」をランキング形式で紹介します!



「高校生がスマホを使用していて起こったこと」




1位「迷惑メールが送られてきた」
2位「わいせつなバナー広告などが出てきた」
3位「知らない人から友達申請があった」
4位「有料スタンプやポイントをもらうためアプリDLや会員登録をした」
5位「他人とインターネットでつながった」
6位「ワンクリック詐欺の画面が出てきた」
7位「暴力的、わいせつな画像や動画を見た」
8位「ネット上にアップして欲しくない写真や個人情報をあげられた」
9位「課金や有料アプリの購入など親の許可を得ずにした」
10位「ネット上に嫌なことを書かれたり、嘘の噂を立てられた」




1位は「迷惑メールが送られてきた」という結果になりましたが、そのメールの中身は
「懸賞などに当選した」、「お金がもらえる」、「配送業者になりきる」、「友達のふりをする」、
など多岐にわたっているようです。

一瞬迷ってしまう内容もありますが、こういったメールは

完全無視・完全削除が一番です!!

さらに「架空請求された」と回答した人が支払った平均額は、
なんと15万3975円にもなるのだとか!!

他にはアップして欲しくない写真や個人情報、誹謗中傷などに
心を傷める高校生も少なくありません。

子供にもプライバシーがあるため、四六時中親が監視をするわけにもいかないスマホ。

しかし、様々なトラブルの対処法、トラブルにあわないようなスマホの使い方を
事前に教えることはできます。

危険から身を守り、楽しくスマホを活用していきたいですね。
%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%9b