※閲覧注意 人知れずに死んでいく…「孤独死は独居老人より独身40代のほうが多い」特殊清掃人が断言

”生涯未婚”

lgf01a201405062000


2035年には50歳男性の3人に1人が未婚者になると言われる「生涯未婚」時代。

何にも縛られず、自由なイメージの強い独身だが、この自由きままな生活の裏には思わぬ落とし穴があった。
ある40代独身男性の最期の瞬間について取り上げたい。

次のページに、男性が孤独死していたのが発見された部屋の画像を閲覧注意で掲載する。


人知れず、死んでいく………

de5cfb649d21086e905a1933d9af00b0_content


真夏のある日、東京都大田区にあるマンションの一室のドアを開けると、視界を完全に塞ぐほどの黒い虫の大群が襲いかかってきた。よく見ると、コバエだったという。
そして、部屋の奥から漂う強烈な死臭が防臭マスク越しの鼻をつんざいた。

部屋で亡くなっていたのは、某上場企業の中間管理職だった42歳の独身男性だ。
すでに死後1か月が経過し、腐乱した遺体から流れ出た体液は、畳裏の板張りにまで達し、画像の通りになっていた。

死因は糖尿病による合併症。
糖尿病や精神疾患を患った男性は、長期療養のため会社を休んでいた。そのため、死後1か月が経っても、誰にも発見されることはなかったという。

孤独死の現場は凄惨だ。
特殊清掃人として長年、孤独死現場を見てきた石見良教氏は、散乱するゴミの中から糖尿病の患者に配布されるマニュアルを拾い上げ「またか」と思ったそうだ。

「孤独死=独居老人のイメージは、間違い。実は40~50代の独身中年にこそ多い。糖尿病など病気による離職や休職、リストラをきっかけに、唯一の社会との接点だった会社での人間関係が断たれ、孤独死へと向かうのです」(石見氏)



黒ずんだシミが人の形に見える。
体調が悪い中に横たわり、そのまま死を迎えたのかと思うと切ない気持ちになる。

遺品整理の立ち会い人は、亡くなった男性の会社の同僚がすることになった。
高齢の両親は地方に住んでおり、付き合いのある親族や友人もいなかった。

石見氏によれば、中年の孤独死には共通する特徴があるという。
たとえば50代の独身男性が都内自宅で孤独死していたケース。
遺体発見時には死後3か月が経過。メーカー系プログラマーとして活躍していたが、糖尿病で療養中だった。
この男性の部屋も例に漏れず大量のゴミが床を埋め尽くしていたが、整理収納に関する書籍が複数発見されたという。自身の生活に危機意識を持ちながらも抜け出せなかったようだ。

「ほかにも『健康は精神の安定から』などといった自戒メモが大量に残されていることも、中壮年男性の孤独死現場にはよくあります。また、アニメのDVDやフィギュア、ワインなどの収集品が大量に残されていることが多いのも特徴。アウトドアな人よりは、インドアな人が孤独死に陥りやすい」



厚生労働省が発表した平成27年版「厚生労働白書」によると、日本人男性の生涯未婚率(50歳までに一度も結婚したことがない人の割合)は22.8%。
さらに、2035年にはおよそ3人に1人の29%に上ると推計され、現役世代の孤独死予備軍は今後も増加の一途を辿る。

淑徳大学教授で孤独死に詳しい結城康博氏もこう指摘する。

「ここ数年は現役世代の孤独死が増加傾向にあり、20~25%を40代、50代が占めています。そんななか、女性よりも社交性に乏しい男性は、さらに孤独死の可能性が高い。例えばマンションの廊下などで隣人と会っても挨拶もしないような独身男性は、立派な孤独死予備軍と言っていい。地方出身で周りに親族もいなければなおさら。また、独身男性は食生活が乱れやすく、脳梗塞などで突然死するリスクも高いでしょうね」



いつ訪れるか分からない、死。
隣近所とも関係が希薄だとされる昨今、今後も凄い数の孤独死が増えるのも言うまでもないだろう。
他人事ではない事案だけに、早めの対策が取りざたされる。