口には出さなくても…、「奥さんを愛している男性」8つのサインとは?

言葉に出さなくても、伝わる愛

Loving young couple, close up

Loving young couple, close up




男性は、自分の気持ちを正直に表現することが得意ではありません。
女性に「好きって言って」と言われても、照れてごまかしてしまう人がほとんどです。仕事に行く時や寝る前などにさらっと言うときはあるにしても、ロマンチックな状況で言える人は少ないのです。

そこで今回は「FamilyShare」の記事で、奥さんのことが大好きな旦那さんが取る8つの行動をご紹介します!
ライターのTiffany Fletcherさんの実体験を元にまとめているので、とてもリアルです。
「あの人、気持ちを伝えてくれてたんだ…」とはじめて分かることがあるかもしれません。


01. 「どっちがいい?」と 判断を委ねてくれる


たとえば映画館に行ったとき、どれを見るか選ばせてくれる。食べたいもの、クルマの色、旅行の行き先。アドバイスはしながらも、何か選択が必要なとき、奥さんにその決断を委ねてくれる。
これは、旦那さんがあなたのことを大切に思っている証拠です。その行動のなかにこそ「大好き」が隠されているはず。



02. 家事を手伝ってくれる


私の旦那さんは、仕事から帰ってきてクタクタなときも、早めに夕飯を食べ終えて、後片付けを手伝ってくれます。
床にモップをかけてくれる、トイレ掃除をしてくれる、下着をたたんでくれる。これらもすべて、あなたのことが「好き」という言葉の代わりの行動です。
それは、義務だからとか、友人に「俺って家事も手伝うんだぜ」とアピールしたいからではありません。シンプルに、あなたの負担を軽くしたいという気持ちの表れなのです。



03. 悩みを 打ち明けてくれる


旦那さんが「これってどう思う?」「こういうときって、どうしたらいい?」と意見を求めるということは、「好き」という気持ちはもちろん、あなたを信頼しているからです。
男性にとって、誰かに相談して、その意見を受け入れるのはじつは難しいこと。性別や奥さんという存在を超えて、旦那さんはあなたのことを信頼しているからこそ相談するのです。相談相手があなたなら、安心して素の自分を見せられると思っている証拠。



04. 照れずに 手をつないでくれる


外にいるとき、2人で家にいるとき、どんなシチュエーションでも旦那さんが手をつないでくれたときは「好き」の証拠。すごくシンプルな愛情表現だけど、旦那さんの気持ちがよく分かる行動ですよね。



05. 苦手なことを サポートしてくれる


一緒に買い物に行ってくれる、仕事から帰る途中に買い物をしてきてくれる。これらも「好き」という気持ちが伝わる行動だと言えるかもしれません。
私はよく旦那さんに買い物をお願いしていました。彼も喜んで引き受けてくれたし、買い物なんて簡単だと思っていたからです。
でも最近、じつは彼は食料品の買い出しが苦手なのが分かりました。それでも「やるよ!」と言ってくれて頑張ってくれていたのは、私のためだったんです。嫌いでも苦手でも、頑張ってくれていることがあったとしたら、それはあなたのことが本当に大好きだから。



06. 「その気持ち、分かるよ」と グチを聞いてくれる


一切グチを言わない女性なんて、この世にいないのではないでしょうか。旦那さんが、その話を聞いてくれて「うんうん、分かるよ。大変だね」と励ましてくれるのも、「好き」の証拠。
だからこそ、疲れているときも、めんどくさいと感じているときも、また同じ話をしている…と思っても、ちゃんと話を聞いてくれるのです。



07. なんでも許せちゃうくらい 笑顔がかわいい


微笑みは、気持ちを確認できるシンプルな行動のひとつ。旦那さんに微笑まれたとき思わず「キュン」として、気に入らないことがあったのに「まったくもう…」と許せてしまったことはありませんか?
付き合い初めの頃の気持ちを思い出してみてください。旦那さんが微笑んでいるときは「君といると幸せだよ」と伝えたいときなのです。



08. “彼の時間”そのものが あなたへのプレゼント


プレゼントを買ってきてくれた、じっと自分のことを見つめてくれた。そんな風に旦那さんがあなたのために時間をかけてくれる行為も「好き」という気持ちの表れです。
もしかしたら、いらないものを買ってくることもあるかもしれません。でも、そこにあるのは物ではなく、旦那さんの「愛」なのです。あなたのことを考え、一生懸命選んでくれたのです。

「好きだよ」「愛しているよ」の言葉も、もちろん大切です。でも、言葉以上に気持ちを表している行動を理解できると、旦那さんがもっとかわいく見えてくるのではないでしょうか?それに気づいたときは、今度はあなたのほうから言葉と行動のダブルでお返ししましょう。これこそが夫婦円満の秘訣です。