看護師が明かす患者が「死にゆく人生で最も後悔していること」5つとは?

花
患者が「死にゆく人生で最も後悔していること」とは?

PPU_huraguranntokuraudo_TP_V-728x485


人間は死を目前にした時、きっと人生を振り返るだろう。
そして、「もっとこうしてたらよかった」という後悔に想いを馳せることもあるだろう。

Bronnie Wareさんは、緩和ケア病棟で働いていた看護師である。

緩和ケア病棟では、重病に侵された患者の痛みを和らげたり、精神的ケアをする。
彼女は職業柄、たくさんの死を目前にした人の世話をしてきたという。

仕事を辞めた今、彼女が「患者が人生で最も後悔している5つのこと」を語ってくれた。


1:他の人に言われた人生ではなく、自分の行きたい人生を生きればよかった


彼女曰く、これが一番よく聞く後悔だそう。人生が終わってしまったと悟り、ふとその人生を振り返ったとき、実現しようともしなかった夢があったことを、人は悔やむ。
社会や親、周りから望まれるような人生を忠実に生きてきた人にとって、自分の意志で自分の人生を生きてこなかったことこそが最大の悔やみになるのだろう。


2:そんなにたくさん働かなければよかった


特に男性患者からよくあがるのがこの言葉。がむしゃらに働いてきた自分は、他にたくさんのものを犠牲にしてきた。
それらが自分の人生にとっていかに大切なものだったか、もしくは大切にすべきものだったか。
家族との時間、自分の趣味に費やす時間、行きたいところに行く時間。全ては仕事に消えてしまったと、後悔するのだそうだ。


3:自分の気持ちに正直に生きればよかった


言いたくても言えないこと、したくてもできないことはたくさんある。人は社会的動物だ。人生を生きている真っ最中は、自分の気持ちを押し殺すことなんてたくさんある。
しかし、人生は一度きり。それが終わろうとしているとき、もっと自分に素直であればよかったと後悔する人が多いのだ。


4:友達とコンタクトを取り続けるべきだった


小さい頃、若い頃は当たり前のように周りにいた友達も、歳を重ね、人生のステージをあがっていくごとに、どんどんと離れていってしまう友達。
自分から積極的に連絡をとらなければ、ずっと友達でいることも難しくなってしまうのが現実だ。
生活に必死でコンタクトが減り、会うこともなくなってしまった友達を、人生の終わりに惜しむなんて、悲しい話だ。


5:自分が幸せでいることを、もっと大切にすればよかった


人間はおかしな生き物だ。自ら苦境を強いたり、本当はこちらの道を選びたいのになぜか自ら幸せからはほどとおい道を選んでしまったりする。
どのみちを選べば自分が幸せなのか、ということに忠実に生きるのがなぜそんなに難しいのか。しかしそれが、とてつもなく難しい世の中なのである。
複雑な社会に生きる我々は、幸せになる道を選択する訓練をしなければならないのかもしれない。



忙しい日々でも、時々ふと立ち止まって、自分の人生を振り返る時間も大切かもしれない。
花