埼玉・末期がん妻の承諾得て包丁で刺し殺害、自ら通報 夫が”承諾殺人”認める 「今日かな」と問い掛けると…

末期がん妻の承諾得て、包丁で刺し殺害した夫

埼玉県で、末期がんの妻(当時61)の承諾を得て殺害したとして、承諾殺人の罪に問われた狭山市の無職の夫(63)の初公判が18日、さいたま地裁(四宮知彦裁判官)で開かれた。

夫は「間違いない」と、起訴内容を認めた。