アメリカ・「他人と異なる理由でいじめをしないで」 障害を抱える犬から大切なことを学ぶ児童たち

障害を抱える犬から、大切なことを学ぶ児童たち

アメリカ・ウィスコンシン州に、学校の児童らへ「偏見を持たないことの大切さ」を教えている1匹の犬がいる。

その犬は盲目で、脚に障害を抱えているという。
児童らは、その犬の姿から多くのことを学んでいるようだ。