愛知・2歳の長男に精神安定剤与えた母親に猶予付き判決!「将来を悲観して犯行に及んだ」

2歳の長男に精神安定剤与えた母親に猶予付き判決

※画像はイメージです。

2歳だった長男に精神安定剤などを与えて急性薬物中毒にさせたとして、傷害罪に問われた無職の母親(38)に対し、名古屋地裁は26日、懲役1年6月、保護観察付き執行猶予3年(求刑・1年6月)の判決を言い渡した。

山田耕司裁判長は「身体を危険にさらす行為だが、致死量には遠く及ばない」と述べた。