通学路に生首が並ぶ!メキシコに住んでいた女子高校生が語る治安の悪い地域の現状に驚愕!

serina-j
serina-j

3月27日放送の「ワイドナショー」で“ワイドナ現役高校生”杉山セリナさんが幼少期を過ごしたメキシコでのエピソードであえるが実に超〜〜〜強烈であった。




どんな内容なのか・・・


serina-j2

司会の東野幸治が「メキシコは動物とか、いっぱいいてるの?」と、ワイドナ現役高校生として出演している杉山に話を振った。杉山は、メキシコ人の父と日本人の母を持ち、12歳までメキシコに住んでいた経歴をもつ。






mexico-j2

実際、杉山の通学路にも生首はあったそうで、「橋みたいなのがあったんですよ。夜そこに行ったら絶対死ぬという……」と当時を振り返った。これには出演者一同が驚きの声をあげ、松本も「怖すぎるやろ」と漏らすほどだった。杉山によると付近には「『絶対行ってはいけない地域』がいっぱいあった」という。




ひいいいいい!!!!!





東野が「その橋は渡ったんですか?」と橋について杉山自身の経験を尋ねると、杉山は

「いません、ここに。渡っていたら。」

と語り、共演者らを驚かせていた。


ひいいいいいいいいいい
serina-j