怖すぎる…次々とフリーになる美人女子アナの理由とは「罵倒され続け鬱状態に」

minapan-j
minapan-j

視る者には華やかに写るテレビの世界だが、スタジオの裏側では、“番組の邪魔者”や“テレビ弱者”への陰湿で狡猾ないじめが横行している。ひな壇芸人の椅子を争うような若手芸人は恰好な標的だが、彼らと並んで「テレビいじめ」の対象になりやすいといわれるのが女子アナたち。



え、まさかあの女子アナも?と疑いたくなるような面々が・・・

小林麻耶の場合


元TBSの小林麻耶(36)は退社後、自身のブログでこう明かしていた。

無視はつらい。まさか大人になって小学生みたいなことをされるなんて想像もしていなかったので、かなりショックが大きかった。


幼稚園に通う子供を持つ母親からの
ママ友から「無視されている」という
相談に対しての小林麻耶の返答に対してこう言っていた。




ちなみにこれは大先輩である秋沢淳子さんだと後に知られることとなります。

akijun-j

中野美奈子も鬱状態に




minapan-j2

元フジテレビの中野美奈子(36)も退社後にファッション誌で〈地獄の日々だった〉と局アナ時代の苦悩を告白。生放送終了後、毎日のように先輩とVTRチェックがあり、その先輩アナから「お前には本当にニュースを読むセンスがない」と罵倒され続け、鬱状態になり、トイレにひとりでいるときが唯一の楽しい時間だったと明かしている。そうした仕打ちが彼女たちには“いじめ”に感じたのだろう。




まさかあんな華やかで楽しそうなテレビの裏には・・・嗚呼酷いものだ。



プロデューサー、ディレクターからのいじめ


「出演女子アナと折り合いの悪いプロデューサーが、収録中にカメラマンに下半身や胸の谷間を撮り続ける指示を出し、“パンチラ”“ブラチラ”を狙います。それをモニター室で見ながら“おっ、今日は黒だぞ!”とか“今日は白かよ~”とせせら笑っているんです。が広まるのが早い世界なので撮られた女子アナの耳にもすぐに入るのですが、彼女にしてみれば“上司”ですから何も言えないようです」(テレビ局関係者)


こちらのミスなら謝るしかないのですが、あるディレクターから上手くレポートできた時に“どうせNG出すと思ってたからカメラ回していなかった。もう一回ね~”と言われたこともある。私たちはストレス発散の道具なのでしょうか」


「タレントや野球選手との熱愛報道が出ると、情報番組やニュースから外されることも珍しくない。降板後は深夜のバラエティ番組などに回される。最も屈辱的なのは後輩アナが司会の番組のレポーター役。しかも苛酷な地方ロケや体を張った内容で、しかもオンエアされるのは2~3分だけだったりする」(テレビ局関係者)




minapan-j