熊本市龍田中学校PTAがAmazon「地震災害ほしい物リスト」に掲載した物資が…私腹を肥やすためだと炎上!

pta
pta

Amazonで、熊本地震で被害を受けた地域の避難所の「ほしい物リスト」が公開されています。
避難所が必要なもの、求めているものを購入し、現地に直接配送して支援できる素晴らしいサービス…

amazon

のはずだったのですが、 昨夜信じられない光景が起こりました。

女性用などの必需品や水、トイレ用品などがあがる中、熊本市龍田中学校避難所がなんと文房具総額500万円あまり(800円のはさみ600円の定規) など。
さらには、ビデオカメラ、一眼レフカメラ、吹奏楽部備品、40Vアクオスなど総額600万余りもの商品を欲しいものリストに掲載。

そして、その結果、ほとんどを購入してもらえたのです( ̄▽ ̄;)

掲示板等で炎上し始めると、あと少しで満数に達する文房具などの掲載を取りやめた。(高価なものはすべて買ってもらえた模様)
1番必要と思われるLEDスタンドライトはなんと引き上げる直前に掲載されたのです。

非難を浴びるのを予想したのか翌日中学校はフェイスブックで「あくまでほしいものですので、ご支援頂けるか頂けるないかは購入して下さるみなさまにおまかせするしかありません。」 と今日後書きで書いたが、昨日購入した人は被災地の欲しいものリスト=必需品と思い買ったのだから人の解釈を逆手に取った行動ではないのか?と疑問の声が多数上がっています。

pta1 pta2

なお、facebookページについても、その後非公開設定に切り替わりました。

もちろん被災者として、厳しい状況であることも解ります。
明日を生きようと考えると、たしかに学びは大切なので、必要な物資であることも間違いないはず。。。

しかし… 疑問の声も解らなくもないかなと感じました。
非常に難しい問題ですが、制度を悪用するような人がでてこないことを願います。

こちらは、実際に公開されていた『ほしいものリスト』の一覧です。


スポンサードリンク

pta